本日のレトルトカレーはこれ。

DSC_2500_00020
 山梨県は中央自動車道の釈迦堂SAで購入しました。

 こんなのと一緒に買っちゃいました。

DSC_1211
DSC_1219
 葡萄と桃という、山梨県を代表する果物を使用したカレーです。

DSC_1488_00001
 なんか、桃がゴロゴロ入っているそうな(@_@)

DSC_2462_00003
 カレールゥの中で、桃がいったいどんな役割を果たしてるんでしょう?想像がつかないねぇ。

◆アピールポイント◆

 「山梨県産の桃をオリジナルに調合したスパイスに漬込み、具材としてゴロゴロっと使用。フルーティーでスパイシーな味わいに仕上げた、手作りにこだわった本格フルーツカレー」だそうです。

DSC_2460_00002
DSC_2478_00008
添付物は、ありません。

DSC_2464_00004
ル ー       粘度:淡~普   辛さ:×3(5段階評価)

 スパイシーに振ってはいますが、トマトの酸味が強いカレーです。フルーツを入れることからか、やや酸味が気になりますが、ギリ、爽やかな範囲に収まってます。

 じんわりと後からついてくる辛さと桃の甘みは、相性がいいんでしょうか。ルゥの完成度はいい感じです。

DSC_2482_00010
 

 目視できる具は、白桃、豚肉です。

桃は大ぶりなカットでゴロゴロ入っています。でも、気を付けて摘ままないと、ホロっと崩れるくらいに柔らか。

桃は視覚的存在感はありますが、食感的存在感に乏しく、本来は主役であるべき豚肉が口中でコンニチワすると、やはりこちらのが美味しいなと感じるのであった。

DSC_2483_00011
◆商品データ◆

 発    元:㈱ROOTS(ありが桃園)

 商 品 名:桃農家の桃カレー 辛口

 販売地域:全国

 発売年月日:令和3年月日(月)

 購入年月日:令和3年10月1日(金)

 試食年月日:令和3年1120日(土)

 購入場所:釈迦堂PA(下り) ショッピングセンター ㈱アルプス

 定  価:600円(税抜)

 購入価格:648円(税込)

◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)

       ※絶対評価のほかに、値段に応じた調整を行うことがあります。

ル ー  ★★★    湯煎時間:5分

具   ★★

総 合  ★★★

 フルーツを使用したカレーと言うことで、何処かキワモノ的な感じも無きにしも非ずなのですが、いえいえどうして、全く本格的なフルーツカレーに仕上がってます。

 トマトの酸味が強めに作用して、桃の甘みを押さえつけにかかっていますが、甘みが強く出るのもいかがなものかと思うので、これがベストバランスなのでしょう。

 辛味はお手元の香辛料で調節を…。

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:200g

標準栄養成分 1袋(200g)当り

 エネルギー:     200kcal

 食塩相当量:★    1.8g

 

 カレーを盛り上げてくれる面々が駆けつけてくれました。

 桃屋の花らっきょ、酒悦の福神漬、磯五郎のガラムマサラ、S&Bターメリック、GABANのパセリです。

DSC_2473_00005
 こんな感じで出来上がりました(^^

DSC_2475_00006
 さあて、喰うぞう!

 筆頭原材料は「トマトペースト」ですから、赤味がルゥに反映されてます。

DSC_2477_00007
 福神漬けとらっきょは、外せないよね(^^

DSC_2480_00009
 ジャガイモじゃないですからねぇ~。

 桃です。白桃。またの名をPEACHと申します(^^

 割とゴロゴロと出しゃ張ってるでしょ。

DSC_2485_00012
 最初の一口は、ちょっとワクワクします。

DSC_2487_00013
 桃を掬ってみましたが、トロホロなので、箸で摘まもうとすると崩れちゃいます。

DSC_2488_00014
 人参でもないからね。桃ですよ~、桃!

DSC_2491_00015
 桃とご飯の同時食い!

 勇気はいらないけど、好奇心は高まります。

 うん、桃を意識せずに食べられました。

DSC_2493_00016
 ルゥ、福神漬け、ライス…この組み合わせは、惚れ惚れするほど美味しい!

DSC_2494_00017
 半分以上食べて味を記憶したら、磯五郎のガラムマサラを入れちゃいます!

 そうするとね、俄然、スパイシー感が高まるとともに、辛みも増します。

DSC_2497_00018
 たまーに、豚肉が「正統派は俺だ!」とばかりに、ここにいるぞと存在感を出してきます。

DSC_2499_00019
 日本人が大好きなカレー。

 これからも、美味しいレトルトカレーを食べ続けて行こうと思います。

 ええ、たまーには、本格的なカレーも作ってますからねぇ~。