本日の麺はこれ。

mys-15_00015
 メーカーの商品説明では、「宮内省御買上げの栄光、正統の歴史を受け継ぐ佐藤養助の稲庭うどん。当家は稲庭干饂飩の宗家・佐藤(稲庭)吉左エ門家から、二代目佐藤養助が門外不出の技を受け継いだ正統の系譜。以来、佐藤養助は、代替わりすれども一子相伝の製法を変えることなく正統の味を守り続けてきました。生産量は希少であり、明治の半ばに入るまでは宮内省以外、あまり一般に食されることがなかった幻のうどんでした。つるり、と喉をすべるなめらかな食感。一本一本が、永年の時を重ねた、手づくりの芸術品。」

何とも、権威を象徴するような言い回しだこと(^-^;

inaniwa01
◆メーカー説明◆

 「歴史に名を残す数々の著名人に、時代を超えて、ご愛顧いただいている、三百有余年、変わらぬ手作り、無添加、無着色」だそうです。

DSC_1104_00001
DSC_1114_00005
添付物は、スープ(粉末)、調味油です。

 ありません。

 は、「つるり、と喉をすべるなめらかな食感」だそうです。

DSC_1111_00004
 規定時間どおりで茹で上げ、あらかじめ用意しておいた氷水でさっと〆上げてできあがり。

 つやつやしたキメ細やかな麺質です。

DSC_1242_00009
 細いけど、強いコシと超絶滑らかなのど越しが稲庭うどんらしい食感を出してます。

DSC_1245_00010
◆商品データ◆

 発    元:㈲佐藤養助商店

 商 品 名:稲庭干饂飩 紙化粧箱入り

 販売地域:全国

 発売年月日:令和3年月日(月)

 リニューアル年月日:令和3年月日(月)

 購入年月日:令和3年4月18日(日)

 試食年月日:令和3年11月5日(金)~11月6日(土)

 購入場所:JR秋田駅トピコ 売店

 定  価:1,620円(税込)

 購入価格:1,620円(税込)

◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)

麺   ★★★★   麺種:乾麺  太さ:平打ち中細  茹で上げ時間:5分

スープ  

具   

総 合  ★★★★

 権威の高さはさておき、麺の美味しさは折り紙付き! うどんとしては細麺なので、あまり汁を選ばないし、麺の強いけど、決して汁の邪魔はしない優等生的な麺です。

 汁で食べ手もヨシ、いまどきっぽくラーメン系のまぜそばの素を浸かって食べ手もヨシ。何でもござれの麺です。

◆その他の情報◆ (一食当たり 一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:300g(100g×3袋)

標準栄養成分(1袋(100g))

 エネルギー:   340 kcal

 食塩相当量:★★  3.3g

 

 乾麺を食べる機会は、カップ麺に奪われていて、大量消費できないので、3束セットを買った。

 それでも1束(約1人前)530円。いいお値段です。

DSC_1108_00003
 ちょっと趣向を凝らしてまぜ麺で行ってみます。

DSC_1129_00006
 うん、混ぜても艶やかさは変わりません。

DSC_1140_00007
 こんな食べ方も…。

DSC_1248_00011
 太い麺は太い麺でいいけど、細い麺は細い麺で美味し!

DSC_1241_00008
 汁の中には、味付の刻み油揚げと生ねぎをトッピー!

DSC_1249_00012
 蕎麦のように素のまま食べるのではなく、うどんは汁にタプーリと浸して、ツルツルっと行っちゃいます。

DSC_1251_00013
 乾麺としては、相当実力のあるうどんです。

 今度、秋田へ行ったときは、もっとたくさん買って来ようっと(^^