おはようございます。酔待童子です。

 今朝は、山形県はタガマヤ村の「座敷わらしの間」でおめざ。

DSC_4999
 ええ、いつものことながら、座敷わらしの存在はシカーリと感じました。
 ブログネタが立込んでいるので、アップ日は未定ですが、待ちきれない方は。、こちらをどーぞ。
 山形県中山町 「タガマヤ村」(13) ~酔待童子の座敷わらしと戯れた夏2021(3)
 山形県中山町 「タガマヤ村」(14) ~酔待童子の座敷わらしと戯れた夏2021(4)
 山形県中山町 閲覧注意 「タガマヤ村」(15) ~酔待童子の座敷わらしと戯れた夏2021(5)~ 
 山形県中山町 閲覧注意 「タガマヤ村」(16) ~酔待童子の座敷わらしと戯れた夏2021(6)~ 
 

  今回はここの駅弁を紹介しましょう。

DSC_3710_00002
 仲間との東北旅行で平泉の中尊寺を訪れた帰りに一ノ関駅で買ったものです。

◆商品情報◆

  購入商品:平泉うにごはん(1,500円)

  購入年月日:令和3年12月6日(日)

  主菜・副菜メニュー:ご飯、蒸しうに、いくら醤油漬け、錦糸卵、しその実と若芽のの佃煮、山ごぼう醤油漬け

海の幸を小箱にきっちり詰めた」そうです。

DSC_3707_00001
DSC_3721_00003
◆評  価◆×5 標準は×2)

食 材   ★★★

コスパ   ★★

満足度   

 茶飯の上に蒸し海胆が乗っかってます。主役の「蒸しうに」は、ややパサつきを感じ、生海胆のあの独特な旨味には程遠い。
 これは、生海胆を使えない以上、致し方ない部分。
 一見、豪華に見えるし、雲丹が乗った弁当と考えると触手が伸びるが、せめて雲丹を炊き込んだご飯を使うなどしてくれれば、蒸し雲丹の素っ気なさも解消できると思うのですが…。

◆店舗データ◆

  販 売 者:㈱松月堂

  住   所:一関市上大槻街2-37

  電話番号:0191(26)3000

  販売駅名:JR一ノ関駅

  購入店舗:一ノ関菜の花弁当売店

 

  雲丹がどっさりと乗っかってます。

DSC_3724_00004
  メーカーのHPの写真の雲丹の方が綺麗に盛られてるし、粒も大きい(^-^;

新うに-thumb-280x210-3531
  
雲丹系の弁当を食べるといつも感じるのだが、生海胆の濃厚さと甘さが失われ、パサつきが出ちゃうのが何とも残念。

DSC_3726_00005
  いくらは、皮が薄くて、口中へ入れただけでホロホロと崩れる柔らかさ。

  これ、いいね(^^)/

DSC_3727_00006
  雲丹とヤマゴボウの競演!

DSC_3729_00007
  ご飯は茶飯。

ちょっとベチャってたかな(^-^;

DSC_3730_00008
  でもね、ぜ~んぜんクセもないし、磯臭さもない食べ易い雲丹弁です。

  量が少ないのはいいけど、人によっては、コスパが悪いと感じる人もいるでしょう。