本日紹介するお酒は、これ。

DSC_9907_00014
 「風和」と書かれたこの酒、おいら酔待童子の飲み友達のK氏からのいただきもの。

 新潟県は、佐渡のお酒で、過去には、当ブログで「拓(ひらく)」や「上弦(じょうげん)の月」を紹介しておりますが、今回のこの日本酒は「風和」と書いて「かぜやわらか」と読みます。

 因みに、「風和」の由来については、メーカーのHPにこう記載されてます。

「約20年ほど前、佐渡の書家 故稲葉大朴(たいぼく)氏が「風和」と書かれた書を手土産に、加藤家での酒席に来られたことがありました。故稲葉氏は、万葉集にある歌の序文「初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」から、「風和」の2文字をとり、書に表現したそうです。

その書に感銘を受けた現社長加藤健は、「この書を酒の銘柄として使わせていただけないか」と稲葉氏に尋ねたところ快諾していただき、平成10年頃より、弊社の純米酒に「風和」という銘柄をつけて発売することになった(平成11年、商標登録済み)」そうです。

004_00001
 なかなか由緒のあるネーミングですね。

◆メーカーデータ◆

  醸 造 元:㈲加藤酒造店

 住   所:佐渡市沢根炭屋町50

◆商品データ◆

  商 品 名:純米 風和(かぜやわら)

  分   類:純米

  購入価格:1,476円(税込)

  購 入 先:いただき物

  購入年月日:令和3年7月30日(金)

  試飲年月日:令和3年1023日~1031

  アルコール度数:16

  精白歩合:60

  容  量:720ml

  原 材 料:米(佐渡産)、米麹(佐渡産米)

  原 料 米:麹米:五百万石 掛米:五百万石ほか

◆商品説明◆

 「原料米は契約農家の減肥栽培の五百万石を使用。米の風味がほのかにただようソフトな飲み口で、その品質が佐渡の風土であり、その風土を伝えしたいと願って醸造した」そうです。

DSC_9906_00013
DSC_9912_00016
DSC_9911_00015
◆評  価◆×5段階 標準は×2)

お薦め度  ★★★★★

 すっきりした飲み口で、商品名にある通り、爽やかと柔らかさが伝わってくる上品さが特徴のお酒です。

柔らかな口当たりながら、しっかりとした米の風味。後味がキリっとした“酒飲みが好みそうな酒”的味わいで、フルーティーさは抑え、ほんの少しピリッと来る辛味の後に、ふくよかなお米の旨味が漂うよう設計されてます。

 

 今回の主役は、「富山ブラック鍋」。

DSC_9904_00012
 こんなところから行きましょうや(^^

DSC_9926_00022
 鍋を除いて、全員集合!です。

DSC_9929_00023
 これは、過日、長野県は松本市の「大信州」なる酒蔵を訪問した時にいただいたわさび漬け。

 社長曰く「日本で一番美味しいわさび漬け」とのこと。

 もちろん酒かすは、「大信州」の大吟醸粕を使用しています。

DSC_9921_00020
 酒粕の美味しさもさることながら、山葵の根の刻みの大量さに目を見張ったわ。

 そして、飛び切り辛い!

 つまり、美味しいってこと!これはいいわぁ(^^

DSC_9925_00021
 さて、そーこーしているうちに「富山ブラック鍋」が煮上がりました。

DSC_9934_00025
 こんな感じで盛り付けて、いただきます。

 酒が穏やかなので、つまみの邪魔をしないし、邪魔にもなりません。

DSC_9936_00026
 長女が焼売(しゅーまい)を作ってくれました。

 グリーンピースが嫌いということで乗っかってないのはご愛敬(^^

DSC_9914_00017
 それが、美味しいんだわ(^^

DSC_9917_00018
 気が付いたら、8個も食べちゃった。

DSC_9931_00024
 ジューシーな感じに仕上げました。

DSC_9919_00019

 〆にラメーンを入れて…。

DSC_9937_00027

 そして2回目の夜。

DSC_0775_00003
 今回は、「麺屋武蔵 にんにく風味 鍋つゆ」でいただきます。

DSC_0765_00002
 こんなところから始めました。

DSC_0777_00004
 新鮮な鯵を買ってきて、お刺身にしました。

DSC_0784_00008
 さっ、鍋もいただきましょう。

DSC_0778_00005
 こんな感じで盛り付けました。

DSC_0788_00010
 四川麻婆も作っちゃいました。

DSC_0781_00006
 おいらの大好物はイカリング。

DSC_0782_00007
 最強に辛くて最高に美味しい山葵漬けさ!

DSC_0785_00009
 四川を名乗りながらも辛さが足りないので、「花椒」を思いっきりぶっかけて、シビシビにしちゃいました(^^

DSC_0790_00011

 今回は鍋特集になっちゃいました。

 でも、日本酒と鍋ってホントに相性がいいんですよ~。

 でも、ラーメンベースのつゆはちょいと…。