ライス片手に味わいたい、濃厚豚骨醤油スープ

"生麺" なのにおいしさそのままで常温保存

image
DSCN6403_00010
 俗に言う、「家系ラーメン」は、食べ応えのある太麺と豚骨醤油味のこってりとした中毒性の高いスープが特徴。

 麺はと言うと、中太~太サイズで短め。

 今回の商品は、千葉県柏市にある家系ラーメンの名店「王道家」の味わいを、店主・清水 裕正 (ひろまさ) 氏監修のもとで再現した「王道家 豚骨醤油 2人前」。

 豚骨と鶏ガラをベースに醤油だれを合わせ、鶏油 (ちーゆ) をたっぷり加えた豚骨醤油スープは、家系ラーメンの "王道" ともいえる濃厚でキレのある味わいが特長です。

 にんにく風味をきかせた「ラーメン酢」で仕上げれば、濃厚なスープの味わいが引き立つそうです。

 さらに、「生めん常温長持ち製法」(特許出願中) により、"生麺" ならではの小麦の風味やコシはそのままに、常温で50日間保存することができるのです。

◆メーカー説明◆

 「豚骨と鶏ガラをベースに醤油だれを合わせ、鶏油をたっぷり加えた豚骨醤油スープが特長。麺はもっちりとした食感で、常温保存が可能。特製ラーメン酢付き」だそうです。

DSCN6346_00001
DSCN6406_00011
添付物は、スープ(液体)、にんにくの風味をきかせた「ラーメン酢」です。

DSCN6350_00002
 は、「もっちりとした食感のストレート太麺。「生めん常温長持ち製法」(特許出願中) によって、"生麺" ならではの小麦の風味やコシはそのままに、常温で50日間保存することができる」そうです。

DSCN6358_00005
 多少のネジれを伴う、太生麺です。

 家系らしく、短めの麺となってます。

DSCN6398_00007
 その食感は、滑らかさを前面に押し出しており、ツルみ重視かな。

 茹でる前の生麺の時から、ちょっと頼りない感じで、触るとポロポロと千切れちゃうので、取扱を慎重にする必要があります。

 味わい的には、ちょっと粉感を伴う柔らかめで、店舗で啜る一般的な横浜家系の麺ほどの硬さやコシの強さはありません。

DSCN6400_00008
スープは、「豚骨と鶏ガラをベースに醤油だれを合わせ、鶏油をたっぷり加えた豚骨醤油スープ」とのことです。

○ 液体スープ

DSCN6353_00003
DSCN6397_00006
にんにくの風味をきかせた「ラーメン酢」

DSCN6355_00004
DSCN6413_00014
 鶏油の香りと甘みがガッツリと利いた醤油豚骨スープです。

 豚骨ベースのやや塩気の強く粘度の高いところなんかは、家系のそれに近い味わいです。

 思わず、ご飯が欲しくなる濃厚な味わい。

 ただ、「ラーメン酢」は、ラーメンに酸味を求めない私宵待草子的には、味の深みと言う点ではいいけど、やはり酸味は要らないかな。

DSCN6401_00009
 は、ありません。

 チャース、マンメ、海苔、ねぎをトッピーしてみました。

DSCN6407_00012
DSCN6412_00013
◆商品データ◆

 発    元:日清食品㈱

 シリーズ名:有名店

 商 品 名:王道家 豚骨醤油 2人前

 販売地域:東北、関東、中部

 発売年月日:令和3年3月1日(月)

 購入年月日:令和3年3月9日(水)

 試食年月日:令和3年4月23日(土)

 購入場所:日清オンラインショップ

 定  価:600円(税抜)

 購入価格:648円(税込)

◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)

麺   ★★★   麺種:生  太さ:太  茹で上げ時間:3分くらい

スープ  ★★★★  ベース:醤油

具   

総 合  ★★★

 この一杯の存在意義は、「常温保存可能な生麺」に尽きるんじゃないでしょうか。

 カップ、冷凍、生など色んな麺種があり、それぞれに長所短所がありますが、この常温生麺は、個人的には、やや割高、麺質が頼りない、調理に手間がかかる…など、割とネガティブな面が浮かんできちゃいます。

 日清カップのフラッグシップなノンフライ麺でも十分通用する感じも…。

 とにかく、手を掛けても美味しい麺が食べられるところに、この商品の存在理由があるわけですから、そことの折り合いがムズカシイですね。

 おみやげ用の長期保存生麺でも、美味しい麺は沢山ありますから。

◆その他の情報◆ (一食当たり 一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:199g(うち麺量110g)  必要湯量:250ml

 エネルギー:★★★      699kcal

 食塩相当量:★★★★★  10.4g(うち麺2.5g、スープ7.9g