おはようございます。宵待草子です。

 今朝は、岡山県は倉敷市のとあるホテルでおめざ。
 ええ、元部下がこちらに赴任しているので、人事面接のための出張。
 のんびりさせてもらいますわ。

 閑話休題。 

  この日(3月12日)は、翻車魚(まんぼう:まん延防止措置)さんが泳いでいるも、我が社では、飲酒を「厳に慎む」から「慎重に」と表現が変わり、自己責任で飲むことができるようになった。

  そんな折、水戸への鮟鱇爆食ツアーも中止(店が休業中)となり、長野県の飯田へでも行ってスナック遊びでもしようかなと思っていた矢先、K君から「塩釜の牡蠣、久しぶりに行ってみませんか」と誘われ、私酔待童子は、二つ返事でOKさ。

ついでに、「んじゃ、昼は餃子爆食、夜は牛タン爆食し、翌昼に牡蠣の爆食でどうだ」と追い打ちをかけ、アサーリと決まり、♂×3、♀×2が集まった。

  そんな経緯から当日を迎えた。

  出発は10時。

  んじゃ朝食は…。と言うわけで、毎度お馴染みの安価に本格的なそばが味わえる店「ゆで太郎」へと繰り出した。

いいんだわ、この店。

IMG00516_HDR_00002
  休日の一日は、6時前に家を出て、ここへ朝そば集会に出掛けることがルーティン作業化している。

  とにかく、朝そばがリーズナブルなんよ。

  朝そばには、揚げたてのかき揚げが標準装備で、卵と鬼おろしの選択制で360円。一方、朝そばセットは、生そばに、焼鯖ご飯、ミニカレー、納豆ご飯を選択して、380円。駅そばも富士そばもとても敵わない値段設定。

morning_00017
 そこにさらに無料クーポン券が使える。

  かきあげ、コロッケ、カレールー、温泉玉子、生わかめ、そば大盛の一つを無料トッピーできるんです(^^

IMG07808_00016
 店に向かう道中、その日の注文そばとトピを頭の中で描いていくんです。

 それがまた楽し!

IMG07783_00003
  今回の旅も1日中飲んでいる旅だから、シカーリと食っておこうと決めた次第。

◆店舗データ◆

  店 舗 名:ゆで太郎 北本深井店

  住   所:北本市深井6-87

  営業時間:6:0023:00

  定 休 日:無休

  支払形態:食券

  割 り 箸:無

◆注文商品◆

  注文商品:朝そばセット(温 納豆  390円)、かき揚げ(無料)

  支払総額:760

  入店年月日:令和4年3月12日(土)

IMG07788_00005
◆評  価◆×5段階評価  標準は×2)

     ★★★★    そば粉割合:6割  太さ:細  つなぎ:不明

 「指定の製麺所で丁寧に挽いた蕎麦粉を、毎日店舗で粉から製麺店内で少しずつ何回も製麺する自慢の高品質なおそば。江戸細切りの定寸、1.4mmで製麺。風味のバランスの良い中層粉を中心に、ブレンドして製麺している」とのことです。

 生麺だから、当然、美味しいよ。しかも茹で置きはないんでね。

ちょっと時間がかかるのは、すべて注文を受けてからの手作りだから…。

本物の蕎麦なので、超速で食べましょうね。

あっという間に湯ダレしちゃいますから。

とにかく、ホッとする優しいそばです。

IMG07803_00014
     ★★★★

 「銚子の老舗で丹精込めて作られた醤油を使用。焼津や枕崎など厳選した宗田鰹や鯖などの“節”をブレンド、みりんも江戸川の畔、流山で作られた贅沢な本醸造。1日に何回も店舗で丁寧に出汁を取る、毎日食べても飽きのこないすっきり辛口」だそうです。

 洗練された味わいです。スッキリ感とあっさり感が強く、所謂、駅そばのようなソソル匂いはありません。でも、出汁の風味はしっかりと感じますし、飲み切りたい衝動に駆られること間違いなし。そして、かき揚げの衣に汁が馴染み、油分が染み出ると、ウマウマな汁に変身です。これが美味いのなんのってヽ(^^)

IMG07792_00008
     -

 生卵とねぎです。

 生卵は納豆用に回し、代わりに無料トピのかき揚げを入れてみました。

  無料トピとは思えない質感です。

IMG07797(1)_00010
お薦め度  ★★★★

 麺は、粉から自家製麺し、「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」。そして、天ぷら類をはじめ、各種そばに添える実(具)は、注文を受けてからの調理。

駅そばのような迅速さはないけど、とにかく丁寧、安い、高品質。

基本、そば粉の含有率で、低いものはかけ、高いものはもり、というのがMyルールだったけど、このそば、6割蕎麦だけど、「かけ」でも「もり」で満足できる実力があるそばですよ~。

◆これも注文しました◆

    注文商品:朝そば(370円)、コロッケ(無料)

IMG07786_00004
 

  今回は、そばは「かけ」でいただきます。

IMG07789_HDR_00006
  無料トッピーでも、注文を受けてから揚げてくれるんで、アツアツ&サクサク!

IMG07791_00007
 出来上がりはこんな感じ。

  ここまで来るのに相当手間がかかる。

IMG07794_00009
 モノホンなそばなので、早く食べないと湯ダレし出す。

 久しぶりのNTG(納豆卵かけご飯)。これが食べたかったんです。

  福神漬けを添えてみました。

  茨城県の「しょぼろ納豆」なる沢庵と納豆を混ぜたものがあるけど、福神漬けと納豆の方が遥かに美味い事が判った。

  我が家のつまみにレパートリーにしようっと(^^

IMG07799_00012
  どこまでも優しい味わい。

  これ食べちゃたら、駅そばの麺は…。

  あれはあれで美味しいんだけどね(^-^;

IMG07800_00013
  レンゲで食べる納豆ごはん、これ食べ易いわ(^^

IMG07805_00015
 最後のこの汁も美味しいんですよね。

20201231_072929_00001
 こんなことが楽しい休日の朝…。

 美味しいから、食べ過ぎちゃうのが、目下の悩み。

  これで体調万全!

  昼からの飲み会に耐えられる体が出来た(続く)。