独自技術「生めん常温長持ち製法」採用。本格生めんを常温でお届け!

全国各地のご当地ラーメンを食べ比べ!

image (1)
 「行列のできる店のラーメン」から、生めんならではの小麦の風味やコシはそのままに、常温で50日間保存できる商品が新発売になりました。

独自技術「生めん常温長持ち製法」(特許出願中) を使用し、自宅でもちもち生めんを手軽に楽しめるようになりました!

 並んででも食べたい人気の味を再現した「行列のできる店のラーメン」から、和歌山、横浜、函館、尾道、京都の個性豊かなご当地の味をラインナップ!

オンラインストア限定で、各1種を詰め合わせたおトクなセットも10OFFにて販売となりました

 だから、日清オンラインショップで買っちゃったんです。

 こんな感じで、全5種。

 一食260円、5食入りセット1,260円で発売されました。

DSCN4506_00001
 日清が誇るラーメンの最強ブランド「行列ができる店のラーメン」ですから、まっ、安心して食べられるでしょう(^^

gyoretsu_00002
 これらの商品、正式な発売日が判らないのよ。

 買った時は、オンラインショップ限定、HPみても、いつ発売か判明せず…。

 まだ、市販されていないのかな?

img1_pc_00003
 じつはね、今後、袋麺やチルド麺にシフトして行こうかなと考えてるんです。

 その理由は、いずれそのうちに…。

 んで、こんな感じで出来上がりました(^^

IMG09586_00012
 それでは、コンプリートに向けて、第三弾「尾道 ~背脂しょうゆ~」行っちゃいましょう。

◆メーカー説明◆

 「常温保存可能で食べ応えのある太麺と、和風だしをきかせ、たっぷりの背脂を加えた醤油スープが特長。小豆島「醤の郷」の醤油を使用し、コク深い味わいに仕上げた」そうです。

IMG09566_00004
IMG09581_00010
添付物は、スープ(液体)です。

IMG09568_00005
 は、「太めのストレート麺」だそうです。

IMG09571_00007
 生麺っぽい、白みのあるほぼストレートな常温保存可能な太麺です。

この麺も加水率の高い麺です。

このシリーズの細麺と異なり、しっかりとした食感が感じられます。

IMG09593_00015
 モチモチしてて滑らかな、そして、しなやかなコシを併せ持った麺です。

生麺らしい小麦の味がしっかりとする麺で、カップのノンフライ麺とは一線を画す啜り心地。

先に啜った細麺のような心細さはなく、どっしりとした食感。

それでも、ノンフライカップの「ラ王」あたりの麺と比べると、それほどの、生麺の優位性は感じません。

むしろ、原材料表示に保存するための化学物質等が表記されていて、そちらも気になりました。

IMG09589_00014
スープは、「小豆島にある「醤の里」で醸造されたコクのある醤油に和風だしを利かせ、たっぷりの背脂で仕上げた醤油スープ」とのことです。

IMG09569_00006
IMG09577_00008
  見た目はそうでもないけど、規定湯量250mlで作ると、かなり塩っぱいです。

  一応、調理方法どおり作ったけど、300mlのが美味しくいただけそうです。

IMG09579_00009
  250mlで作った時の感想を記します。

  割とカドの立った醤油ベースのスープ。甘みも強いデス。

 醤油感が強いが、魚介だしも強く作用し、そこに豚脂や背脂の甘味がバランス良く全体をまとめ上げている。

 煮干しに由来するやや酸味を余韻として感じるけど、どことなく、味わい的には尾道ラーメンを感じさせてくれる出来栄えでした。

IMG09595_00016
 は、ありません。

  チャーシューとマンメとネギを添えてみました。

IMG09587_00013
IMG09583_00011
◆商品データ◆

 発    元:日清食品チルド㈱

 シリーズ名:行列のできる店のラーメン 1人前

 商 品 名:尾道

 販売地域:関東

 購入年月日:令和4年3月8日(水)

 試食年月日:令和3年3月21日(月)

 購入場所:日清オンラインショップ

 定  価:260円(税抜)

 購入価格:252円(税抜)   値引き率:10.0

◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)

麺   ★★★★   麺種:生  太さ:太  茹で上げ時間:3分30

スープ  ★★★      ベース:醤油

具   

総 合  ★★★★

 ご当地ラーメンとしては越しの指に入るほどのお気に入りのラーメンである「尾道ラーメン」。

過去に二食入りの冷蔵「行列のできる店のラーメン」で、一番お気に入りだったのがこれ。当時を思い出して食べてみたのですが、やはり冷蔵生麺に分があるなというのが、正直な感想。

  この麺は尾道ラーメンの太麺タイプでしたが、それでも、麺が優しすぎて頼りなかったことと、規定湯量で作ったスープの塩っぱさが妙に気になりました。

  これで3食食べたわけですが、順位付けすると、①尾道、②和歌山、③函館です。

◆その他の情報◆ (一食当たり 一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:176g(うち麺量110g)  必要湯量:250ml

 エネルギー:★★      512kcal

 食塩相当量:★★★★★  8.8g(うち麺2.5g、スープ6.3g