本日のカップはこれ。

IMG08305_00001
IMG08370_00011
 過日、三鷹エリアの人気店【麺屋さくら井のカップが出たと思ったら、店の定休日である水曜日だけオープンする濃厚魚介系ラーメン店のカップが発売となりました。

いわゆる「二毛作(にもうさく)」ってやつね。

IMG08307_00002
 商品名は、「KEN軒監修  濃厚魚介豚骨らぁ麺」。

IMG08407_00018
 そしてこのお店は『さくら井』で修行中or関係者の方が営んでいるようで、週一営業ながら、人気店の仲間入り。

IMG08312_00004
 濃厚な豚骨魚介スープを使ったラーメン・つけ麺がウリだそうです

◆アピールポイント◆

 「東京・三鷹の「KEN軒」の濃厚魚介豚骨らぁ麺の味わいを再現した」そうです。

IMG08309_00003
IMG08372_00012
  人 気 度:総合順位:(全国)1,511位  (東京都)720位  (武蔵野市)18

       2022年3月16日現在 ラーメンデータベースの順位

カップの種別:【スポット(一般)】【新発売】

添付物は、「仕上げの小袋」です。

IMG08337_00008
 は、「独自の特殊製麺技術によるめんのコシと、しっかりとした重量感のある食べ応え十分なめん。密度感のあるコシがあり、なめらかで湯伸びの少ない食感で生麺にひけをとらないめん」だそうです。

IMG08363_00009
 褐色の弱いウネリを伴う太フライ麺です。

 醤油などの練り込みはありませんが、強いて挙げれば「ポーク調味料」。

 まるで「麺神カップ」の麺を油揚げ麺で表現した様な、弟分、いや従兄(いとこ)のような感じ。

IMG08381_00016
 解れはイマイチ。あまりの戻りの悪さに、湯を沸騰させないで入れちゃったかと思った(~_~;)

 しっかりと湯戻りした後は、フライ麺っぽい食感は皆無で、密度感があり、濃厚な豚骨魚介なスープにはベリマッチです。

IMG08385_00017
スープは、「魚介系のうまみとポークのコクを合わせた濃厚な魚介豚骨ラーメンスープに仕上げ、魚粉が入った仕上げの小袋で、魚介の深みある味わいに調えた」とのことです。

IMG08317_00006
 豚骨をベースに魚介を強めに表現したスープです。

 その魚介は、「仕上げの小袋」のよる魚粉の影響が強いです。

IMG08377_00014
 豚骨由来の甘みとコク、ザラつきを伴う魚介の旨みのバランスがいいです。

 濃厚さの中にも、その味わいにちょっとだけ上品さを感じちゃいます。

 麺とのバランスも問題ありません。

IMG08380_00015
 は、「肉そぼろ、ねぎの組み合わせ」です。

IMG08320_00007
 またまた貧弱すぎる具量です。いつも通りの低空飛行です(-_-;)

 もう、監修ものの具の貧弱さでは、業界随一ですね。

IMG08369_HDR_00010
 ねぎを後入れにして、体裁を整えましたが、なんともはや…。

 魚粉が、貧弱「すぎる」具を支えてます。

IMG08313_00005
IMG08374_00013
◆商品データ◆

 発    元:サンヨー食品㈱

 商 品 名:KEN軒監修  濃厚魚介豚骨らぁ麺

 販売地域:全国

 発売年月日:令和4年4月14日(月)

 購入年月日:令和4年4月16日(水)

 試食年月日:令和4年4月16日(水)

 購入場所:NewDays大宮

 定  価:230円(税抜)

 購入価格:232円(税込)   値引き率:6.6

◆商品の評価◆  (×5段階評価  標準は×2) 

麺   ★★★★  麺種:フライ  太さ:太  湯戻し時間:4分

スープ  ★★★★  ベース:醤油

具   

総 合  ★★★   ※ 販売価格に応じた評価の調整を行うことがあります。

 値段相応の美味しさです。

 もう、とみ田をはじめとする豚骨魚介系スープは出尽くしているので、目新しさはありません。でも、濃厚さの中にも、どことなく洗練された味わいは、目新しさのない中にあって新鮮でした。

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:93g(うち麺量70g)  必要湯量:420ml

 エネルギー:★★     384kcal(うち麺・かやく290kcal、スープ94kcal

 食塩相当量:★★★★  6.1g(うち麺・かやく1.6g、スープ4.5g