おはようございます。宵待草子です。
 本日は、大分県は別府温泉のとある旅館でおめざ。
 昨日は、博多から湯布院へと向かい、別府温泉で泊った。
 今日は、特急「ソニック」で、小倉へ向かい、一旦、本州は下関へと向かい、関門海峡の人道トンネルを歩いて九州へと歩き、門司から小倉へと移動、新幹線で帰宅します。

 閑話休題。 

 この日(1023日)は、むかしの悪友2人と松本の夜を満喫し、一人ホテル泊。

朝食?朝食はね、松本に来た時は、ここって決まってるの。

それがここ「イイダヤ軒」。

 駅そばマニアとしては、あらゆる食べる機会を探して行くっきゃあねーんですよ。

 過去にも紹介していますが、ここが、アタシ一番のお気に入り。

IMG03442_HDR_00012
 中学時代から、慣れ親しんだ味。

 きっと、当時とは味は変わっていると思いますが、完全に惚れてしまった味です。

 信州で食べる駅そば、ここが一番さ!

 ネギフリーなので、調子こくと…。

◆店舗データ◆

設 置 駅:JR松本駅

  店 舗 名:信州そば イイダヤ軒 松本駅前店

  所 在 地:松本市中央1-2-3

  設置場所:松本駅前 ホテル飯田屋1F

  営業時間:(平日)7:4023:00L.O 22:50)、(日・祝日)7:4020:00

  券 売 機:有

  割 り 箸:有

◆注文商品◆

  注文商品:天ぷらそば(400円)

  入店年月日:令和3年1023日(土)

IMG03429_00002
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

         ★★★★★   麺種:ゆで(箱)

長野県で食べる駅そばの麺って、茹で置き箱麺、冷凍麺、生麺と各種ありますが、どこで食べても美味しいってのが、私酔待童子の経験則。特に、ここの麺は幼き時から食べなれている麺で、一番好きな麺。ここより美味しい駅そばの麺もありますが、最終的にはここへたどり着いちゃいます。

普通の駅そばよりも、そば粉含有率は高いですよ~。啜ってみれば判ります。

IMG03438_00009
       ★★★★★

 我が駅そばの汁と言ったら、ここなんです。昔に比べるとかなり大人しくなったと思いますが、あのマッタリとした甘塩っぱさと鰹節のいい匂いが完全コラボしたこの汁。俗にいう「匂いに釣られて入ってしまう。」という、道行く人を誘惑するこの匂い、そしてこの味わい…。身体で浴びたいわ。

DSC_4891_00001
     ★★★

 玉ねぎ、人参を主体としたかき揚げです。程よい衣と具のバランスがイイですねぇ。汁を吸った衣、適度にバラける具。まさに駅そばの見本のようなバランス感覚タプーリなかき揚げです。

IMG03433_00006
お薦め度  ★★★★★

 早い、安い、美味い!を地で行く駅そばです。♪なんてったってアイドルぢゃなくて、なんてったって天そばが400円でっせ。しかもねぎフリーが嬉しいし…。

とにかく、駅そばと言ったら、迷わず「イイダヤ軒」なのです。今じゃ、NRE系のそば屋が幅を利かせている首都圏とは異なり、ここは3店舗(松本、南松本、村井)のみの今どき珍しいインディーな店。たか弁のように巨大資本(NRE)にも飲み込まれず頑張ってますよ~。皆さん、ぜひ応援を!

 

  ねぎフリーですから、タプーリと乗せますよ~。

IMG03430_00003
 う~ん、良い眺めだわ(^^

  ねぎ好きやねん!

IMG03431_00004
  味は骨の髄まで記憶している。

  だから、初めから七味負けても大丈夫なのだ。

IMG03432_00005
  やや立ち食いそばチックなかき揚げ。

  いいんです、上等なかき揚げは、駅そばには似合わないんです。

  そば汁が浸みた衣を楽しむ食べ物ですから…。

IMG03434_00007
  ここ茹で置き麺ですが、滑らかな口当たり…。

  駅そばの一線を越えてます(_;)

IMG03435_00008
  ねぎがいい塩梅で混じりあってくれてます。

IMG03439_HDR_00010
  こんな感じで啜り終え、特急あずさに飛び乗り、新宿へ向かいます。

IMG03440_HDR_00011
 うまい!安い!早い!の「駅そば」スタイルを、地で行く店。

 無添加・自家製のそば、つゆは「癖になるうまさと」地元の人からも好評でリピーターが多いそうな。おいらもだけど(^^

3店舗ともねぎは無料で入れ放題、替え玉(+120円)OK、トッピングは特大サイズの自家製かき揚げがお勧めですよ~