本日の2カップ目はこれ。

DSCN3674_00001
DSCN3775_00018
 またまた参上!

"ラーメンファンの「食べてみたい」を叶える"ことをコンセプトに、昨年に続き、今年で2回目の実施となったRamenグランプリ2021-2022

これは、楽天グループ㈱の協力で、、ラーメン店を主とした全国の飲食店に参加を募り、ユーザーの投票によって店・味が選ばれる、ユーザー参加型企画。

前回に引き続き、部門を「スープ飲み干したくなる部門」、「白飯欲しくなる部門」、「異種格闘技部門」、「これでもかと絡めたくなる部門」の4部門に分けての実施。

アタシャ、どこでどう行われてるのか知らんけど、美味しければいいわけで…。

今回発売されたカップは、「白飯欲しくなる部門」優勝の「新旬屋  本店」の味を、「でかまる」ブランドで企画。そこに、広告・媒体(「楽天グループ」・「講談社」)やユーザー(消費者)が混ざり、4コラボレーションによる、話題性の高い企画になっているそうな。

DSCN3677_00002
 多くのファンが気軽に投票できる方式のため、「食べてみたい」という期待感が強く反映されたものとなっているんだってさ。

でもね、ここだけの話だけど、後述するラデブ(ラーメンデータバンク)人気では、新庄では一番人気でも、全国レベルでは、5,481位って、主催者が異なるとはいえ、あまりの開差に、ちょっと信憑性に疑問が残ります(^-^;
新旬屋 本店」とは...
 山形県新庄市の人気行列店。鶏のあらゆる部位から抽出したスープに、鶏モモ肉・キンカンなどを合わせた「金の鶏中華」が看板メニュー。麺は国産ブランド小麦「ゆめちから」を使用し、超多加水麺に仕上げる。現在では、全国のイベントや百貨店催事にも出店しており、全国区の知名度を誇る。

DSCN3679_00003
◆アピールポイント◆

 「Ramenグランプリ優勝の味。味噌ベースで鶏の旨みが利いた思わず白飯が欲しくなる担々スープ」だそうです。

DSCN3681_00004
DSCN3777_00019
  人 気 度:総合順位:(全国)5,481位  (山形県)18位  (新庄市)1位

       2022年3月2日現在 ラーメンデータベースの順位

カップの種別:【スポット(一般)】【新発売】

添付物は、スープ(粉末、液体:ともに後入れ)、かやくです。

DSCN3692_00007
 は、「スープのりが良く、なめらかな食感の、丸刃で切ったやや太めの油揚げ麺」だそうです。

DSCN3684_00005
 ややネジレのある角刃切りの中麺サイズのフライ麺です。

 見た感じでは、あまりオリジナリティのない汎用的な麺って感じがします。

DSCN3767_00015
 食感は、デロデロ気味です。

 そーゆー特徴の麺なのか、湯ダレ耐性が低いのか…。

 個人的には、どちらにも該当する感じです。

 店の麺は、超多加水系の麺とのことですが、シコシコ系なのかモッチリ系なのか判りませんが、こんな感じの麺ではないことは間違いないでしょう。

 あまり無理せずに、いつもの丸刃切りの麺で良かったのでは…。

DSCN3769_00016
スープは、「味噌をベースに、チキンとポークの旨味を加え、風味豊かなごまの香りとコクを利かせた、旨辛く、ご飯に合う担々スープ」とのことです。

○ 粉末スープ(後入れ)

DSCN3700_00009
DSCN3758_00012
○ 液体スープ(後入れ)

DSCN3695_00008
DSCN3761_00013
 味噌ベースの坦々麺です。

 豚鶏双方の出汁を用いた坦々スープとのことですが、出汁の味わいまでは判りません。

 坦々濃度は普通。一口啜ると、練り胡麻の芳醇かつ濃厚な甘味がまず頭角を現し、余韻としてピリ辛が長く残る…。そんなスープ構成となってます。

 麻辣(まーらー)的な味わいとは異なり、旨味をメインに据えたスープですね。

 メーカーの推奨どおり、ご飯との相性も良さそうですが、この一杯だけでも624kalも有るんで、とても白飯をドボンして食べる勇気はありません。

DSCN3780_00021
 は、味付鶏挽肉、チンゲン菜、きくらげです。

○ 当初から充填されていた味付鶏挽肉

DSCN3689_00006
○ かやく

 写真のカラーバランスが悪いので申し訳ありません。

 当初から充填されていた鶏挽肉及びかやく袋の充填されていた鶏挽肉。同じものなんですが、何か違いがあるのかしら…。

DSCN3701_00010
DSCN3708_00011
 挽肉、細か過ぎ!

DSCN3773_00017
 チンゲン、キクラゲともに量は多くはありません。

 そもそも坦々麺の挽肉は食べづらいのですが、これもスープ完飲かご飯ドボンしか難しいですね。

 私宵待草子は、濾し網で掬って食べちゃいました。

DSCN3779_00020
◆商品データ◆

 発    元:東洋水産㈱

 シリーズ名:でかまる

 商 品 名:鶏そぼろ辛担々麺

 販売地域:全国

 発売年月日:令和4年2月28日(月)

 購入年月日:令和4年3月2日(水)

 試食年月日:令和4年3月2日(水)

 購入場所:NewDays大宮

 定  価:220円(税抜)

 購入価格:232円(税込)   値引き率:2.3

◆商品の評価◆  (×5段階評価  標準は×2) 

麺        麺種:フライ  太さ:中  湯戻し時間:3分

スープ  ★★★   ベース:その他

具   ★★

総 合  ★★★   ※ 販売価格に応じた評価の調整を行うことがあります。

 色々と考えることの多い一杯でした。

 「でかまる」ブランドでは麺量が多過ぎて、追い飯までいけない。

 追い飯を想定しての具なのでしょうか、細か過ぎて麺と一緒に楽しめない。

 店のメニューに坦々麺が見当たらない(見落としかもしれません。)

 大都市の人気店を差し置いてまで、2年連続入賞するほどの全国区的人気なのか…等々。

 まっ、色々と下らないことをツラツラと書いちゃいましたが、普通に美味しかったです。

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:138g(うち麺量90g)  必要湯量:510ml

 エネルギー:★★     624kcal(うち麺・かやく480kcal、スープ144kcal

 食塩相当量:★★★★  6.7g(うち麺・かやく1.8g、スープ4.9g