おはようございます。酔待童子です。
 昨日は、二代目S660を駆ってドライブと洒落込もうと思ったのですが、蟹が届くことが判り、ジムで風呂だけ入って、午後からのカニ飲みに備えた。
 実は、昨年末、大晦日&正月用に、新潟県は佐渡の弥吉丸へカニを注文したのだが、海が荒れていて出漁できないまま3ヶ月の禁漁期間に入ってしまったのだ。
 そして、その禁漁期間が明けて、獲れたてのカニを送って来てくれたという次第(^^♪

 届いたカニは計15匹。

 1匹1,800円のカニを3匹と、
DSCN4212
 お徳用パックの「丸特大」なるセットを2セット。計12匹。
 これは、足が1本取れているとか、身入りがイマイチなどの理由により、格安に売られているもの。
 実際食べて見ても、実入りは多少良くないけど、単品売りと遜色ない味わい。
 逆に、スポット抜けて食べ易い。
DSCN4216
 単品売りのカニは、蟹みそがこれでもかと入っている。
DSCN4218
 身の入りがいいので、食べるのは、ちょっとしたコツが要ります。
DSCN4222
 私酔待童子♂は6匹、酔待童子♀が3匹食べて、6匹を今夜へと繰り越す。
 14時から始まったカニ飲み。その後、終わった後も録画ドラマなどを見ながら、ダラダラと22時過ぎまで呑んでいた…。
 そうそう、二代目S660。
 タービン&吸排気の換装、コンピュータチューン、リアウイング装着などの改造のため、今週末まで、入院させた(^^♪
 またまた、オーバー100PS改造します。

 閑話休題。 

 この日(1013日)は、あのクソ忌々しい武漢コロナウイルスに係る緊急事態宣言も終了し、続々と飲み会が入りだした。

 私酔待童子部長傘下の課長クラスが、続々と、飲み会のお誘いに来る。

 今回も、某課の課長らと懇親会。

 ここへ連れて行ってもらった。

omiya1_00012
 あっ、ここね、入館料(490円)を取られます。

 お通し代かと思ったら、お通しは出ませんでした。

50種類以上の日本酒が「原価」で飲める日本酒専門居酒屋。

「原価」提供を謳っているけど、4合瓶換算や一升瓶換算すると、かなり割高になることは、計算すると判る。

まっ、そんなことはどうでもいいとして、こんな感じで日本酒がたくさん揃ってます。

a1_00002
 タイプ別とか、色々と好みを考えながら選べますよ~。

a2_00003
 さっ、気合入れて飲みまっか!

sake_00014
◆店舗データ◆

 店 舗 名:日本酒原価酒蔵 大宮店

 所 在 地:さいたま市 大宮区仲町1-114 レッツビルB1F

 電話番号:048(871)5243

 営業時間:(月〜金曜日)15:0023:30,(土、日、祝日)12:0023:30

 定 休 日:無休(年末年始を除く。)

◆注文商品◆

 注文商品:燻製合鴨の炙り(650円)、炙り〆鯖(870円)、枝豆

 入店年月日:令和3年1013日(水)

〇 燻製合鴨の炙り

aigamo_00004
○ 枝豆

IMG03007_HDR_00007
〇 ハマチのクリームチーズ乗せ

IMG03013_00010
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

食  材   ★★★★★

お薦め度   ★★★★★

 日本各地の銘酒が安価で飲める店です。1瓶100㏄という手頃な量と250円台が中心という、またまたお手頃な価格で飲めるので、飲み代を考えず、気兼ねなく飲むことができる店です。
 普通には、まず飲めない十四代とか、而今(じこん)とか、作(ざく)なども週替わりでお目見えするなど、日本酒ファンには垂涎(すいぜん)物の品揃えです。
 合わせるつまみも、串揚げを中心に鍋物、チーズ類、そして多種の創作料理も楽しめます。

 但し「原価」で提供と謳ってますが、100㏄の値段に181,800㏄)を掛けた値段は、凡そ一升瓶の定価とはかけ離れていることを申し添えておきます。

 

 こんな感じで、100㏄入りの瓶に、お酒の説明書きのカードがもれなく付いてきます。

 これは「ソガベール・エ・フィス」の№1、2、5です。

 過日、訪問した「小布施ワイナリー」で作られている日本酒です。

 ちょっと、酸味が強くてクセがありました。

IMG03004_00005
 燻製合鴨の炙り。

 日本酒のつまみとしては、ピターシなんです。

IMG03006_00006
 「真澄 純米吟醸」と「東洋美人 普通酒」を行っちゃいました。

 どちらも美味しいデス。甲乙つけ難いッス。

IMG03009_00008
 燻製合鴨の炙りは、柚子胡椒でいただきます。

20200228_182527_00001
 次は、「獺祭 純米大吟醸」と「81 純米吟醸」。

 美味しいお酒と言ったら、新潟や長野などの甲信越と秋田などの東北が定番ですが、なかなかどうして、中国地方(山口&広島)もいい酒があるんですよ~。

 それが、先ほどの東洋美人や獺祭(だっさい)。

IMG03010_00009
 「醸し人九平次 純米大吟醸」。

 これもいいお酒です。

IMG03014_00011
 なんかねぇ、話が詰まらなくて、さっさと終わらせて帰りました。

 つまみ何も食べずに酒飲んだので、空腹に耐えきれず、駅そば食べちゃった(^^