本日の2杯めはこれ。

  基本的には、よほどの店でなければ蕎麦を注文しない私酔待童子。

  ええ、「そば」は食べます。でも「蕎麦」は、自ら敷居を高くしてますので、滅多に食べません。

 蕎麦を食べる時は酒を飲む時と、自らに厳しい掟を課しているのである。

  でも、その中間、「蕎ば」くらいはカジュアル気分で食べたくなるんですよね。そんなときに向かうのがここ「みとう庵」さ。

DSC_8306
 ここ、昼は民間会社をはじめ官公庁、新都心へ来た一般観光客といろんな人で賑わう。アタシャ、大体1130分には入店するんで、席がほぼ確保できる。

◆店舗データ◆

  店 舗 名:みとう庵 関東財務局店

  住   所:さいたま市中央区新都心1-1

  電話番号:048(601)3141

  営業時間:11:0016:0017:0019:30

  定 休 日:土、日、祝日

  支払形態:食券

  割 り 箸:無

◆注文商品◆

  注文商品:鶏竜田揚げつけ汁そば(510円)

  入店年月日:令和2年1014日(木)

20211014_112836892
◆評  価◆×5段階評価  標準は×2)

     ★★★★    そば粉割合:不明

 やや太めの機械打ち手切り麺。注文を受けてから切って茹でる。いわゆる軽い麺でコシよりも食感重視の麺です。しっかりと蕎麦の味と、食感、喉越しが感じられます。コスパ、味、質そのすべてにおいて駅そばを遥かにしのぐ出来。

20211014_112948695
     ★★★

 濃い目の汁が麺の力強さと具の量にも負けず劣らず奮闘してますよ~。やや濃い口であっさり系。だから、天ぷら系の油が加わっても、蕎麦が引き立っています。この汁いいです。ハイ、食べた後は、そば湯で割って飲めまっせ。

20211014_112904376
     ★★★

 鶏の竜田揚げが4つ入ってます。割と美味しいんですよ。ただねぇ、かき揚げを含めてここの揚げ物、凄まじく油っぽいんだわ。胸やけ必須…。油が悪いのか揚げ方が悪いんか…。でも、そのまま食べずに汁につけると汁が旨くなるって言う利点もある。

20201002_114748
お薦め度  ★★★

 510円でこれが食べられるなら、まっ、いいでしょう。蕎ば自体は、毎日でもいいかなと思うほどの出来栄え。富士そばなどに見られる「生めん+湯で置き」とは比べ物にならないほどの麺。毎日並んででも食べる人の気持ちがわかるわ(^^

 

 人民食堂(社員食堂のおいらの呼び方)の冷凍そば麺に比べると、格段に美味しい!

 でもね、冷凍麺も風味はないけど、侮れないほど美味しいんよ。

20211014_112843986
 竜田揚げが気持ちよさそうにプカプカ浮いてます。

 油がね、汁と合体して、ウンマーになるんですよ。

20211014_112846652
 ここの「蕎ば」は本当に美味しいんだよ。

 「蕎麦」レベルまでは行かないけど、「そば」レベルでもない。だから「蕎ば」。

 因みに、カップ麺に「蕎麦」は一度も使ったことがない。これがおいらの蕎麦に対する矜持さ。

20211014_113002606
 竜田揚げと言ってるけど、唐揚げみたいなんだけど…。

 汁に馴染むと、美味しいんだわ。

 そのまま食べると、アブラっぽくて美味しくないけど、蕎ば汁が、美味しくしてくれるって寸法さ(^^

20211014_112928698
 はい、竜田揚げ、蕎ばを入れてパチリ。

20211014_113236636
 こんな感じで啜り終えました。

20211014_113320036
 ここ、安くて旨くて美味しい「蕎ば」ですよ~。

 新都心でそばを食べるんだったら、ここか「そじ坊」でっせ。