本日の2軒めはここ。 

 この日(10月6日)は、翌日の取引先回りや新潟営業所の社員との面談等があるため、前泊で新潟入りし、支店長らと酒を酌み交わし、予約してもらったホテルへ投宿した。

 おいら酔待童子的には、酔っぱらって、どうせ寝るだけだから、テキトーなホテルでいいんです。朝飯も食べなくていいし…。

 でも、秘書兼総務係長が気を利かして素敵なホテルを予約してくれたのだ。

 だから、一次会でさっさとチェックインしちゃった。

 だってさ、明後日、おいらも支店長のK氏も人間ドッグ。そして、翌日は、われら2人と♂♀を加え、松茸爆食ツアーだから、別に深酒する必要ないんでした(^-^;

◆施設データ◆

  施設区分:ホテル

  施 設 名:ホテル イタリア軒

  住  所:新潟市中央区西堀通7番町1574

  電話番号:025(224)5111

◆宿泊データ◆

  宿泊年月日:令和2年10月6日(水)

  宿泊形態:一泊朝食付

  宿泊代金:11,000

  室内設備:□無料朝食 ■冷蔵庫 ■エアコン ■空気清浄機 ■トイレ(独立 ウオッシュレット機能有) ■風呂(独立) ■WiFi設備 □ズボンプレッサー ■アメニティグッズ(多) ■湯沸し □近隣にコンビニ ■消臭剤 □その他()

≪室 内≫

IMG02783_HDR_00001
IMG02786_00002
IMG02787_00003
≪食 事≫

IMG02792_00004
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

 設  備   ★★★

 清 潔 感   ★★★★

 サービス   -

 食  材   ★★★★

 お薦め度   ★★★

 新潟市では超老舗のホテル。うん、チェーン系の新規オープンホテルのような新鮮な新しさは無いけど、重厚感溢れる内装は、ビジネスで寝るだけのお泊りではもったいないです。

 そして朝食。うん、新潟の郷土食もしっかりとラインナップされてます。タレかつもしっかりとありましたよ~。もとはというとレストランですから、その味には、間違いはありません。カレーも美味しいかったです。

 

 「イタリア軒」は、新潟初の本格西洋料理レストランとして、約150年、新潟市民とともに変わらぬ味を守りながら歩んできたそうです。

当時から多くの新潟市民に「ご馳走」として愛されてきた思い出の味を求めて、今もホテルイタリア軒を再訪されるお客様が少なくないんだって。

ここの名物は、オープン当初から3度の火災に遭う中でも、日本で初めて提供されたといわれるミートソース、「伝統のボロニア風ミートスパゲッティ」のレシピは口伝えで残り、現代もリストランテマルコポーロのシェフにタスキを繋ぐように受け継がれているそうな…。食べたかったな。

 アララ、卵納豆食べるつもりで生卵取ったんだけどね、その後、大好物の目玉焼きをハケーンし、取ってしまったってわけさ。

IMG02793_HDR_00005
 タレかつ、南瓜、ベーコン、ミニロールキャベツ、梅干し。

IMG02794_00006
 久しぶりの卵納豆(^^

 たまーにだから、素晴らしい美味しさが実感できる(^^

IMG02795_00007
 でも、イタリア軒のカレーって、名物だそうなんで、食べちゃいました。

 なかなかスパーシーで、宜し!

IMG02796_00008
 さっ、会社へ行って、午前中は得意先の挨拶回り、午後は社員との面談。

 忙しい一日だ。