本日の2カップ目はこれ。

DSCN1816_00002
DSCN1891_00014
 どさん子…。カップ麺では2種めとなりますが、実店舗…懐かしいわぁ(^-^;

 昭和50年代、おいらの町では、これが「ご馳走ラーメン」でした。

 しなそば、中華そばが多い中で、この系列店と長野県だけのチェーン店「ラーメン大学」はライバルでした。

 当時としては珍しい、ゴワゴワしたまるで「なま麺」じゃなくて「ゴム麺」だったな。ホント、よく食べたわ~。きっと40食は行ってるな。

 だから、当時のどさん子の味は記憶にしっかり刻みこまれてます。

 でも…いまの味は判らない。

DSCN1818_00003
 そー言えば、同じ「どさんこ」でも、「どさん子」と「どさん娘」があったよね。あっ、「どさん子大将」なんてのも…。

 なんか暖簾分けとか、跡目争いとか…。

 んで、最近いつ食べたか調べてみた。

 したら、有ったんですよ。Yahoo!ブログ時代にアップしてました。

 それがねぇ、なっなんと、最後に食べたのが、伊豆七島の新島で、平成28年6月28日「札幌ラーメン どさん子 新島店」。

DSC_8956_00001
平成28年6月28日 どさん子 新島店「味噌ラーメン」

 食べてみたいけど、おいらの家の近くにはないんですよ。

 食べられない寂しさは、このカップで紛らわそう…。

◆アピールポイント◆

 「「札幌ラーメン どさん子」監修商品。ポークと味噌のうまみに野菜の風味を合わせた、ほんのり辛みをきかせた味噌ラーメン」だそうです。

DSCN1821_00004
DSCN1895_00015
カップの種別:【スポット(一般)】【新発売】

添付物は、「仕上げの小袋」(液体:後入れ)です。

DSCN1828_00006
 は、「スープの絡みをよくするために適度なちぢれをつけ、食べ応えのあるもっちりとした食感の太めんに仕上げた」そうです。

DSCN1825_00005
 縮れの強い太めの油揚げ麺です。

 色合いといい、見るからに「味噌ラーメン」にお似合いな麺です。

 写真で見ると、角刃切りですが、私が馴染みだった頃の実店舗の麺は、丸刃切りのストレートな太麺でした

DSCN1881_00010
 歯応えのあるもっちりとした食感と押し返す様な噛み応えが特徴。

 味噌との相性がいいですねぇ。

 出来上がり直後は、ちょっと強情な麺ですが、すぐにスープと馴染んで味噌ラーメンの麺っぽさを演出してくれます。

DSCN1884_00011
スープは、「ポークのコクと調理感をベースに、味噌のうまみを合わせたスープ。野菜の調理感、ガーリック、オニオンの香味野菜の風味を加え、香辛料の辛みをほんのりときかせ、札幌味噌ラーメンらしい味わいに仕上げた」とのことです。

○ 当初から充填されていた粉末スープ

DSCN1832_00008
○ 仕上げの小袋(後入れ)

DSCN1830_00007
DSCN1904_00018
 香ばしさ満載の大粒の黒胡麻が気持ちよさそうに浮いてます。

 ブーを土台としたまろやかな香りと味に優しく包まれた味噌スープです。

 味噌特有のザラ付きや残渣感のない口当たり滑らかなスープとなってます。

 そして何ともホッコリする味わい。野菜と挽肉の炒め感もしっかりと表現されている味噌スープです。

DSCN1887_00012
 うん、このスープの底辺には、しっかりとサツイチ味噌ラーメンの存在が感じられます。

 でも、おいらの知っている「どさん子」の味わいとは異なる…と思うのですが。いや、別物です。

 我が町のどさん子は、完全に溶き味噌+茹でもやしでしたが、その分、かなりにんにくが利いた味噌スープでした。

 この傾向は、色んなところで食べた時の記憶としてしっかりと残ってます。

 でも、いまは、野菜は炒めているようですね。

DSCN1902_00017
 は、「肉そぼろ、黒いりごま、コーン、もやし、ねぎの組み合わせ」です。

DSCN1856_00009
 サンヨーさんらしく、(ポツリ)少ないです。

 いつもどおりです。

DSCN1890_00013
 一つ一つの具材は悪くないです。

 でも、絶対的な量が少ないです。

 それでも、肉そぼろもスカスカしたものではなく、きちんと肉感を表現してました。

 こんなところに、監修カップの具にコストをかけられないサンヨーさんの悲哀を感じます。

DSCN1900_00016
◆商品データ◆

 発    元:サンヨー食品㈱

 商 品 名:札幌ラーメン どさん子監修 味噌ラーメン

 販売地域:全国

 発売年月日:令和4年2月14日(月)

 試食年月日:令和4年2月14日(月)

 購入場所:ウエルシア

 定  価:220円(税抜)

 購入価格:198円(税抜)   値引き率:10.0

◆商品の評価◆  (×5段階評価  標準は×2) 

麺   ★★★   麺種:フライ  太さ:太  湯戻し時間:5分

スープ  ★★★   ベース:味噌

具   ★★

総 合  ★★★   ※ 販売価格に応じた評価の調整を行うことがあります。

 割と懐かしいチェーン店となってしまった「どさん子」。

 起死回生の監修でしょうかねぇ。オッサン世代には懐かしい響き…。美味しく食べられましたよ。

 ちょいと、どさん子新島店での感想を記載しておきましょう。まず麺…「札幌味噌ラーメンを意識した「どさん子」特有のゴワゴワ麺。高校時代は、この麺が本当に美味しいと思っていたんですが、美味しい麺に出会い過ぎて、逆にこのゴムが伸びたような食感のこの麺も新鮮でした」。

 次にスープ…「見た目の茶色さの通り味噌感の漂う味噌スープです。幾分ベースの薄さは感じるもののやはり懐かしの味噌スープは、ちょっとスパイシーかつコッテリーに安心感を感じます。これが私の札幌味噌ラーメンの原点の味です」と記載してしてました。

 どさん子は、身体で味を覚えています。今の店舗の味は判りません。私が知っている店のベーススープは店舗の味わいとは全く別物です。

 今回の一杯は、スパイシー感があまり無くて、無難に美味しいスープって感じかな。

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:96g(うち麺量70g)  必要湯量:420ml

 エネルギー:★★     457kcal(うち麺・かやく352kcal、スープ105kcal

 食塩相当量:★★★    5.6g(うち麺・かやく1.7g、スープ3.9g