おはようございます。酔待童子です。

 相変わらず退屈な日々が続いてます。
 アハハ、バレンタインデーも、今年は大したこと無かったな。まっ、逆にお返しが少なくてすんだってのは良かった(←負け惜しみも入ってます。)
 これは、配下の部の女性職員からのいただき物。

DSCN1927
 家に帰ってきたら、孫の通称「あんにゅ」からメッセージ付きで…。
DSCN1929
 和酒入りの「チョコレートぼんぼん」をいただいた。
DSCN1930
 今日は、ある女性からお昼に誘われているので、ちょっとは期待が持てるかな(~_~)
 
 閑話休題。

前回の続きから)

 朝そば食べて、車中で一杯飲んで、「はやぶさ」に乗って、遥々着いた先は新青森駅。

 今回は、「大人の休日俱楽部  会員パス」を使っての1泊2日の旅行。

 行先は青森県~秋田~青森と回る旅。。

 今回は、黒のマーカー部分を紹介しましょう。

map10year01
  おお~っ、寒々しい光景が広がってます。

IMG06121_HDR_00002
 まずは、新青森から青森駅へ行きます。

 いつもの701系電車が入ってきました。

 これ、味も素っ気もない電車です(^-^;

IMG06122_00003
 青森駅にはこの寒い中、701系電車が休息中。

IMG06123_HDR_00004
 青森駅から「青い森鉄道」に乗り換え、浅虫温泉へと向かう。

IMG06126_HDR_00005
 これもJRからの払い下げ車両。

 同じく、味も素っ気もない701系電車です。

IMG06127_HDR_00006
  かつては賑わった温泉だったのでしょう、今はコロナ禍ということもあり、閑散としてます

IMG06129_HDR_00007
 いわて銀河鉄道沿いに南下します。

IMG06131_HDR_00008
 はい、目的地に着きました。

 いつもの見慣れた建物です。

 もう、かれこれ11回目の訪店です(^^

DSC_0662_00001
 まだ11時だというのに、店内は割と混雑してます。

 本日の鮪丼は、「紀伊半島産のさくらビンチョウ鮪」だった。

 ビンチョウマグロの旬なんでしょうか?

 びんちょう鮪って鮪の格としては一番下だもんね。

 ツナ缶の原料でもあるし…。ちょっとガッカリです。

IMG06132_00009
 まずは、無事に来れたことに乾杯!

 最近ね、ビア飲んでも酔わないし、お腹が膨れて食べられなくなるので、ほぼ飲まないんだ。

 初めから日本酒で(^^

IMG06137_00011
◆注文商品◆

 注文商品:さくらびんちょうマグロ丼(2,750円)、いか刺身(715円)、さかな鍋(715円)

 入店年月日:令和4年1月21日(土)

さくらびんちょうマグロ丼

IMG06146_00017
○ いか刺身

IMG06142_00014
〇 さかな鍋

IMG06152_00020
◆店舗データ◆

 店 舗 名:ドライブイン 鶴亀屋食堂

所 在 地:青森市大字浅虫字蛍谷29314

 電話番号:017(752)3385

 営業時間:9:0018:00

 定 休 日:無休

◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

食  材   ★★

お薦め度   ★★

 鮪の値段は相対的には安くないです。

でも、この値段で美味しい鮪を食べたいと思ったら、♪この指とぉまれです。

時節によって、日本各地の鮪が食べられる。

ニュージーランド産インドマグロ、大間の本鮪、大鉢鮪(ばちまぐろ)の通称「塩釜ひがしもの」など。今回は、旬だったのか紀州産のビンチョウ鮪でした。

このびんちょう鮪を関東からわざわざ食べにくる価値があるかと言うと…。

でも、あの食べづらい「筋(すじ)」もなく、脂っ気は少ないけど、モチモチ感があって好感をもてました。でも…。

 

 店の中は、隙間がないほど本鮪のシールが貼られてます。

 1匹に1枚とすると、数万匹は消費していることになるでしょう。

IMG06136_00010
 ここへ来たら「じょっぱり」がオヌヌメ。

 って言うか、これしか…ない。

IMG06138_00012
 は~い、ラー通トーシローが使う単語で表現すると、「着丼」しました。

IMG06139_00013
 う~ん、桜色の鮪。

 びんちょう鮪っぽい色合い(^^

IMG06144_00016
 ウフフ、沢庵は、この記事の一幅の清涼剤。

 記事だったら、臭わないでしょ?

IMG06164_00026
 烏賊は朝獲れではなさそうだけど、かなり新鮮な烏賊でしたよ~。

IMG06148_00018
 赤身デス。

 うん淡白!蛋白質もタプーリやでぇ!

IMG06150_00019
 むかし食べた「トロビンチョウ」は美味しかった…。

 けど、これはトロビンチョウじゃなかった。

 脂身なのかなぁ?いや、脂っ気は無かったな。

IMG06154_00021
 さかな鍋。

 汁物が欲しくて、いつも頼んじゃうんだよなぁ

IMG06155_00022
 ご飯が食べられないので、別皿に移動させました。いつものことだけど(^^

IMG06157_00023
 このさっぱり感、これが冬の味?

 「さくら」を冠するくらいだから、身の色と樹木の桜を掛け合わせたのでしょう。

IMG06160_00024
 塩鮪です。

 醤油が飽きたらこれもいいんだよ(^^

IMG06162_HDR_00025
 さかな鍋お替り!

 この魚、なんだろう?赤魚っぽいんだけどね。

 因みに、毎回、魚種は同じです。

IMG06167_00027
 食べ終わったら、青森駅へと向かいます。

 晴れ間が出て、いい感じです。

 最高の鮪を食べたかった(きっとびんちょう鮪の最高のやつだとは思いますが…。)ので。ちょっとガッカリ感は否めません。

 いや、ちょっとじゃないか(^_-)

IMG06168_00028
 まだまだ、美味い物喰いは続くので、これからを楽しみましょう!

 電車に乗って、飲んで、降りて、美味いもんを食べて美味しい酒を飲んで…。これがおいらの天国さ(^^♪(続く)。
酔待童子の酒呑み旅行は東北で
 埼玉県大宮市   名代富士そば 大宮東口店