本日の2軒目はここ。 

  この日(9月20日)は、昨日から、長女が帰ってきている。

 あのクソ忌々しい武漢コロナウイルスのワクチン接種後の発熱を見越しての実家帰り。あらかじめロキソニンを服用してるので、熱も37度前半で推移。

熱があっても、昨夜も、酔待童子とともに、ガツーリと呑んだ。

 長女が帰ってくると、必ず行く店がある。それがここ。

毎度お馴染みの安価に本格的な蕎麦が味わえる店「ゆで太郎」。

20201231_073151_00002
 にしても、7時前だというのに、労働者、夫婦、子供連れと朝そばマニアの多いこと…。

 ある番組で社長が出演して説明してたけど、麺はそれぞれの店舗で打っている。

 そして、汁は作り置きせず6㍑づつしか作らず、90分経過すると廃棄…。

 天ぷらは揚げ立ての熱々さ。

  とにかく、朝そばがリーズナブルなんよ。

  朝そばには、揚げたてのかき揚げが標準装備で、卵と鬼おろしの選択制で370円。一方、朝そばセットは、生そばに、焼鯖ご飯、ミニカレー、納豆ご飯を選択して、390円。駅そばも富士そばもとても敵わない値段設定。

morning_00015
  3人ともお好みのメヌーをいただく。

IMG02545_00003
  おいらの気分は、朝からガッツリさ(^^

◆店舗データ◆

  店 舗 名:ゆで太郎 北本深井店

  住   所:北本市深井6-87

  営業時間:6:0023:00

  定 休 日:無休

  支払形態:食券

  割 り 箸:無

◆注文商品◆

  注文商品:朝そばセット(温 焼鯖ご飯  380円)

  支払総額:1,130

  入店年月日:令和3年9月20日(月)

IMG02548_HDR_00004
◆評  価◆×5段階評価  標準は×2)

     ★★★★    そば粉割合:6割  太さ:細  つなぎ:無

 「指定の製麺所で丁寧に挽いた蕎麦粉を、毎日店舗で粉から製麺店内で少しずつ何回も製麺する自慢の高品質なおそば。江戸細切りの定寸、1.4mmで製麺。風味のバランスの良い中層粉を中心に、ブレンドして製麺している」とのことです。

 生麺だから、当然、美味しいよ。しかも茹で置きはないんでね。ちょっと時間がかかるのは、すべて注文を受けてからの茹で上げなので本格感も楽しめます。そばの心地よい香りが鼻を突きます。そして、強めのコシがなんとも心地よい。もり系は、きちんと冷たく冷やされてるところにの丁寧さが感じられます。

IMG02566_00013
     ★★★★

 「銚子の老舗で丹精込めて作られた醤油を使用。焼津や枕崎など厳選した宗田鰹や鯖などの“節”をブレンド、みりんも江戸川の畔、流山で作られた贅沢な本醸造。1日に何回も店舗で丁寧に出汁を取る、毎日食べても飽きのこないすっきり辛口」だそうです。

 出汁感の強い汁です。でも、あの老舗そば屋で感じられる「苦味」を伴う出汁感ではありませんし、カエシも醤油感を抑えて、すっきりした味わい。全体的に洗練された味わいです。だって、作り立てですから、セントラルキッチンと異なり、美味しいに決まってますよね。

IMG02557_00009
     -

 ありません。

お薦め度  ★★★★

 麺は、粉から自家製麺し、「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」。そして、天ぷら類をはじめ、各種そばに添える実(具)は、注文を受けてからの調理。駅そばのような迅速さはないけど、とにかく丁寧、安い、高品質。基本、そば粉の含有率で、低いものはかけ、高いものはもり、というのがMyルールだったけど、このそば、6割蕎麦だけど、「かけ」でも「もり」で満足できる実力があるそばですよ~。

◆これも食べました◆

    注文商品:朝そば(かき揚げ 360円)、朝そば(鬼おろし 360円)

〇 朝そば(温 温泉玉子 かき揚げ)

IMG02553_00007
〇 朝そば(冷 鬼おろし かき揚げ)

IMG02556_00008
 

  ベースは、「もり」か「かけ」。

  本格的なそばは「もり」と決めてんだけど、朝は、真夏以外は「かけ」が多い。

IMG02550_HDR_00005
  乗っかってるものは、焼き鯖ほぐし、高菜漬け、明太子。

IMG02551_00006
  その上に、家から持ってきた「鮭節」をかけちゃいました。

  いわゆる「猫まんまDX」(^^

IMG02565_00012
  は~い、本日の完成品。

IMG02562_00010
  納豆蕎麦にしたんだけど、かき揚げをいただいちゃいました。

IMG02563_00011
  蕎麦と納豆、カレーと納豆、味噌ラーメンと納豆…、相性がいいんです。

IMG02567_HDR_00014
 うん、うんま~。

 さっ、朝から満腹になったことだし、帰宅しましょうか。

20201231_072929_00001
 いつもはそのまま自宅へ戻る長女も、今回は、夕方まで安静にしてました。

  でも、しっかりと呑んでたよ(^-^;