おはようございます。宵待草子です。

 

閑話休題。

(前回の続きから)

 一関市ラデブ(ラーメンデータベース)人気№1の店でにぼにぼしたラメーンを堪能した我らご一行様の次に向かった先は、平泉の中尊寺。

  もうこうなったら、松尾芭蕉の奥の細道の真似するしかないっしょ(^^

  中尊寺に寄って帰りますわ。

map(6)_00041
  松尾芭蕉の奥の細道で有名な「五月雨の 降り残してや 光堂」。

  いっ、いかん、教養が零れ出てシマタ(^-^;

  1年前にも来てるんだよなぁ(^-^;

  ここから、坂を上っていきます。所要時間小一時間ってところかな。

IMG05078_HDR_00002
  色んなお堂が連なって、中尊寺を形成してます。

IMG05090_00010
◆巡礼先データ◆

 シリーズ名:一般参拝

 寺    名:関山 中尊寺

 宗   派:天台宗

 開   基:(伝)円仁(慈覚大師)

 御 本 尊:釈迦如来像

 創   建:(伝)嘉祥3年(850年)

520px-Konjikido-Ooido[2]
◆寺の由来◆

 中尊寺は、平泉町にある天台宗の東北大本山の寺院。寺伝では、開山は円仁(慈覚大師)といわれているが、実質的な開基は藤原清衡(ふじわらきよひら)。奥州藤原氏三代ゆかりの寺として著名であり、平安時代の美術、工芸、建築の粋を集めた金色堂をはじめ、多くの文化財を有する。境内は「中尊寺境内」として国の特別史跡に指定されている。

 

 山号は「関山(かんざん)」、寺号を「中尊寺(ちゅうそんじ)」といいます。

 入口から丘陵を登るように本堂・金色堂へと進む参道は「月見坂」と呼ばれてます。

DSC_5785
 ちょっと急な部分もありますが、散策するにはちょうど良い道のりです。

IMG05081_HDR_00003
   ったく、年寄はだらだら歩きやがって(^^

IMG05082_HDR_00004
 一番初めにお会いしたのは、月見坂八幡堂です。

  ひっそりと佇んでいました。

IMG05084_HDR_00006
 次に、「辨慶(べんけい)堂」が現れます。

 義経と辨慶の木造が安置されてます。

IMG05086_00008
 辨慶堂の横の高台から臨みました。

  芭蕉は、きっとこの光景を見て、「夏草や 兵どもが夢の跡」を呼んだんだろうななどと感慨にふけるアタシ。

IMG05088_HDR_00009
 地蔵堂です。なんとも渋いっすな(^^

IMG05093_HDR_00011
  薬師堂です。この前訪問した時は建立中だったこのお堂、再建されてました。

IMG05097_HDR_00012
 ここはね、名前忘れたけど、甘味処でした。

IMG05098_HDR_00013
  だらだら歩く奴らを後ろから追い立てます。

IMG05099_HDR_00014
 ここは「観音堂」いうところですわ。

 中尊寺の境内図にも載ってない…。

IMG05102_HDR_00015
 坂をほぼ登り切った辺りに本堂が現れます。

IMG05103_HDR_00016
 ここは山門ね。

IMG05105_HDR_00017
 境内にある鐘楼。

IMG05110_HDR_00020
 参道である月見坂を登った右手の中尊寺本坊内にある本堂。1909年(明治42年)の建築。2013年3月24日、新本尊の丈六釈迦如来坐像の開眼法要が行われたとのこと。

IMG05107_HDR_00018
 中尊寺は天台宗。そしてご本尊は釈迦如来です。

  失礼とは思いましたが、関係者にお伺いしたところ、撮影可とのことなので撮らせていただきましたm(__)m

DSC_5803
 これは、庫裏(くり)でしょうかね。

IMG05109_HDR_00019
 「峯薬師堂」。

  にしても、どれもこれも、風情がありますなぁ。

IMG05114_HDR_00022
 不動堂という寺院です。

IMG05150_HDR_00038
 大日堂。

 大日如来を祀ってます。

IMG05120_HDR_00023
 因みに我が家でも「不動明王」に、朝夕、水やお酒を備えて祀ってますが、実は不動明王は大日如来の化身。密教のトップの大日如来が「このままの穏やかな姿では話しにならーん!!」と一筋縄ではいかない衆生を教化するために怒気を含む姿に変身したもの。

DSC_5814
 梵鐘。

薬師堂から不動堂・大日堂と進むと、康永二年(1343)建立の梵鐘が現れます。現在は使われていないそうです。

IMG05122_HDR_00024
 阿弥陀堂。

IMG05126_HDR_00025
 讃衡蔵(さんこうぞう)

中尊寺ほか山内寺院の文化財を収蔵・展示する施設。

現在の建物は開山1150年の2000に新築されたもの。もと本坊本尊の木造阿弥陀如来坐像(重文、中尊寺蔵)、峰の薬師堂にあった木造薬師如来坐像(重文、願成就院蔵)、閼伽堂にあった木造薬師如来坐像(重文、金色院蔵)の3体の巨像をはじめ、多くの文化財を収蔵展示している。

ここと金色堂は有料拝観(800円)となります。

IMG05128_HDR_00026
 いよいよ金色堂(国宝)です。

藤原清衡が建立した阿弥陀堂で、天治元年(1124年)の上棟。建物の内外を総金箔張りとすることからこの名が。現在は鉄筋コンクリート造の覆堂内にあります。

堂は建立当初は屋外に建っていたが、建立の数十年後には建物を風雨から守るための「霧よけ」のような施設が造られ、やがて正応元年(1288)鎌倉将軍惟康親王の命令で金色堂を外側からすっぽり包む形で覆堂が建設された。現在の金色堂覆堂は1965に建設された鉄筋コンクリート造のもので、金色堂はこの覆堂内のガラスケースに収められ、温度・湿度が調整されています。

IMG05130_HDR_00027
 金色堂は、平面の1辺が5.5メートルの小型の仏堂。堂は、1965年建設の鉄筋コンクリート造覆堂内にあり、ガラスケースに納められて外気と遮断されている。

金色堂は奥州藤原氏の初代藤原清衡により建立。天治元年(1124)が建立年とされている。

堂は内外共に総金箔貼りで、扉、壁、軒から縁や床面に至るまで漆塗りの上に金箔を貼って仕上げられているが、木瓦部分のみは解体修理時に金箔の痕跡が確認できなかったため、金箔貼りとしていない。

 当然のことですが、堂内は撮影禁止なので、次の2枚はパンフレットを複写しました。

 ライトアップすると、金色に輝きます。

main[1]_00040
 金色堂の須弥壇内には、藤原清衡、基衡、秀衡のミイラ化した遺体と泰衡の首級が納められている。

素晴らしい仏像の数々。

h t 575 383[1]
 経蔵(重文)です。

 金色堂の近くにある。国宝の一切経を納めていた建物で、一部平安時代の古材が使用されているが、建築年代は鎌倉末期と推定されている。

内部にはかつて国宝の螺鈿八角須弥壇が置かれ、壇上には獅子に乗った文殊菩薩像と従者4体からなる文殊五尊像(重文)を安置していた(現在は須弥壇、文殊五尊像ともに讃衡蔵へ移動)。

IMG05131_HDR_00028
 松尾芭蕉の句碑。

 「五月雨の 降残してや 光堂」で有名な句。

IMG05133_HDR_00029
 関山天満宮。

 鎌倉時代に、京都の北野天満宮から勧請して授けた天満大自在天神の御真影と観世音菩薩を祀っている。

IMG05135_HDR_00030
 旧覆堂。

1962、金色堂の解体修理工事が始まるまでの約500年間、金色堂を風雨から守ってきた堂で、1964年に100メートルほど北西の現在地に移築された。建築年代は室町時代中頃と推定。

IMG05137_HDR_00031
 大長寿院。

 これまた風情のある門構えだね。

IMG05140_HDR_00032
 もう、京都の古刹チック満載。

IMG05141_HDR_00033
 釈迦堂とあります。

IMG05143_HDR_00034
白山神社です。

中尊寺の一番奥に白山神社があります。嘉祥三年(850)中尊寺の開祖である慈覚大師が勧請したものだと由緒にありました。

 嘉永年(1853)に仙台藩によって再建。近世の能舞台遺構としては東日本唯一のものとされ、日本の芸能史上貴重な遺構として、2003に重要文化財に指定されています。

DSC_5838
 本殿はこんな感じでした。

DSC_5839
 弁財天。

IMG05146_HDR_00036
 一通り見終わりましたね。これだけで1時間以上費やします。

 また、訪ねてもいいな(続く)。

◆参拝データ◆

 住  所:西磐井郡平泉町平泉衣関202

 交  通:タクシー、バス、徒歩等

 駐 車 場:有無(円)

 拝 観 料:金色堂・讃衡蔵共通で800

 拝観時間:(4/111/108:0017:00、(11/113/318:3016:30

 納経時間:

 電話番号:0191(46)2211

 ウェブサイト:http://www.chusonji.or.jp/index.html

 

  これで今回の旅もいよいよ帰還を残すのみ。

  一ノ関駅でレンタカーを返却し、新幹線の人となる。

IMG04714_00001
  さっ、酒も買い込んだし、ガッツリ飲んで、勿論静かにね(^_-)、帰りましょう。

IMG05152_00039
  にしても、この仲間と行く旅、帰ってくると確実に体重が増している…(^-^;

  それだけ過酷ってこと?いえいえ、か・い・ら・く(^^♪(続く)。