(前回の続きから)

 さっ、我ら酔待童子ご一行の西国札所巡礼の旅もいよいよクライマックス。

 

 今回の巡礼先は、ここ行願寺。

京都市中京区にある天台宗の寺院。山号は霊麀山。本尊は千手観音。通称革堂(こうどう)。西国三十三所第十九番札所。

 

 やはり住宅街にひっそりと佇んでました。

 信号機があったりして、チョット風情を削がれちゃうね(^-^;

 

DSC_4418_00009
 

 見るからに歴史が刻まれた石塔だね(^^

 

DSC_4421_00010
 

 山門から本堂を覗いてみました。

 

DSC_4422_00011
 

革堂行願寺は一千年の歴史をもつお寺。創建当時は一条通りにあったけど、戦乱や火災でいくたびも焼け、場所を替えつつも、人々の熱烈な信仰によってつねに都の中心部に再建された。

 

 御 詠 歌:花を見ていまは望みも 革堂の 庭の千草も 盛りなるらん

 

◆巡礼先データ◆

 シリーズ名:西国三十三ヵ所巡礼の旅

 寺    名:霊麀山(れいゆうざん) 革堂(こうどう) 行願寺(ぎょうがんじ)

 宗   派:天台宗

 開   基:行円上人

 御 本 尊:千手観世音菩薩

 創   建:寛弘元(1004)年

 

1920px-Koudou-F3028_00008

DSC_4425_00014

 

◆寺の由来◆

 行願寺は寛弘元年(1004年)、行円が一条小川の一条北辺堂跡地に堂を復興して行願寺と名付けたもの。当初の寺地は現在の京都市上京区、京都御苑の西方で、付近に革堂町、革堂仲之町、革堂西町の町名が残る。

行円は仏門に入る前は狩猟を業としていたが、ある時、山で身ごもった雌鹿を射たところ、その亡くなった雌鹿の腹から子鹿の誕生するのを見、殺生の非を悟って仏門に入ったという。行円はその雌鹿の皮を常に身につけていたことから、皮聖、皮聖人などと呼ばれ、それによって寺の名も革堂と呼ばれるようになった。行円の生没年は未詳だが、比叡山の横川(よかわ)出身の聖と推定されている。

寺は豊臣秀吉による都市計画のため、天正18年(1590年)に寺町荒神口(現・上京区、京都御苑東側)に移転。宝永5年(1708年)の大火の後、寺町荒神口の旧地からやや南に下がった現在地に移転した。

 

 

 

 こんな切り取りが好きです。

 

DSC_4423_00012
 

 境内の北端に「鐘楼」があります。

 この「鐘楼」は文化元年(1804)に造営されたといわれており、本堂と同様、京都市の有形文化財に指定されています。

 

DSC_4433_00021
 

現存の「本堂」は規模の小さい寺に似合わず重厚な造りであり、文化12(1815)に建てられたものといわれています。

 これも、京都市の有形文化財に指定されています。

 

 「本堂」に安置されている本尊「千手観音像」は行円上人の作と伝えられており、秘仏になっていますが、年に一回開扉されるようです。

 

DSC_4424_00013
 

 ホント、重厚さが漂ってます。

 

DSC_4431_00019
 

 「本堂」正面には「革堂観音」と書かれた「大提灯」が下がってます。

 

 そして、革堂の寺宝の一つに、毎年8月20日過ぎに公開される有名な「幽霊絵馬」があります。

 

 その昔、革堂に遊びに来ていた子守娘が浄土宗の御詠歌を子供に教えているのを見た法華信者が、娘を殺し土中に埋めた。娘の両親は革堂の千手観音に願をかけ、娘の死の真相を知る。両親は絵馬に若い女性の幽霊を描き奉納したという。これが「幽霊絵馬」だそうです。

 

DSC_4430_00018
 

 歴史を感じさせるね。

 

DSC_4427_00015
 

 本堂の天井近くにいろんなものが敷き詰められてます。

 

DSC_4428_00016
 

 長年の人々の祈りが感じられます。

 

DSC_4429_00017
 

 奥に寿老人神堂が見えます。

 

DSC_4437_00024
 

 ここはどこ?私は宵待草子さ。

 

DSC_4436_00023
 

 蓮の花が見ごろを迎えてました。

 綺麗に撮れました。

 

DSC_4435_00022
 

 奥にも何かお堂が見えましたが、途中で引き返しちゃった(^-^;

 

DSC_4432_00020
 

◆参拝データ◆

 住  所:京都市中京区寺町通竹屋町上ル行願寺門前町

 交  通:京阪電車 神宮丸太町駅下車徒歩10

 駐 車 場:無

 拝 観 料:無料

 拝観時間:8:0016:30

 納経時間:8:0017:00

 電話番号:075(211)2770

 ウェブサイト:なし

 

 

 

 そんなこんなで酔待童子の西国巡礼も無事に終わりました。

 

 でもねぇ、札所巡礼ってお金持ちのお遊びだわ、ったく。

 駐車場代、拝観料、ご朱印代…。二人でひと寺3,000円~4,000円ですわ。

 

 いくつもの寺に行ったら…ヤバい(続く)。