おはようございます。宵待草子です。

 昨日は、筆頭課の秘書担当係長を誘って、ランチに出掛けた。
 もうね、心は決まっている。梅蘭の麻婆を呑みに行くこと。
 これは、勤務先の近くで食べられる麻婆に中では最強の麻婆丼なのさ。

IMG05414
 そして夜。
 酔待童子部長配下の課は全部で10課あるが、筆頭課と飲むことが多い。
 その課長、筆頭課長補佐、総務兼秘書係長、秘書の5人(
♂×3、♀×2)で忘年会。
 その後はお決まりのカラオケBox。
 2時間唄いまくり、気持ち良くお帰りなさいした。
 今回は、乗り過ごし出はなく、恍けて3つ前の駅で降りてしまった…。
 タクシー代5,500円也(/_;)

 閑話休題。 

 どうだろう?平成29年頃、飯田営業所長として勤めていた時に2度ほど通ったラーメン屋。

 飯田地区は、老舗店が人気上位を占めており、新手や若者の店がイマイチ育たない感じがしてます。

 その証(あかし)として、飯田ラーメン御三家(新橋亭、上海楼、やひこ)の牙城が崩せないんですよね。

 でも、ここも久しぶりなので、入ってみましょう

IMG00843_HDR_00001
 あのクソ忌々しい武漢コロナウイルス禍の中だったからってのもあるけど、店員の対応が最悪でした。

 入ると同時に、まずは、さも当然のようにおでこにレーザービーム。その後、命令口調でカウンター席を指示されたけど、それを無視してテーブル席へ。更に、鉛筆と紙を突き出し「住所・氏名」を書けと…。

 県外ナンバーの我らのみに、全く説明もなく、住所・氏名を書けと…。

 入ったことを悔やんだ…。

◆店舗データ◆

  店 舗 名:らーめん じゃげな フルールライン高森店

  所 在 地:下伊那郡高森町牛牧303-4

  電話番号:0265(35)9833

    営業形態:多店舗展開

  営業時間:11:0014:0017:3023:30

  定 休 日:無休

  券 売 機:無

  割 り 箸:有

  人 気 度:総合順位:(全国)11,477位 (高森町)1位

       ※2021年7月22日現在 ラーメンデータベースの順位

◆注文商品◆  ×5段階評価 標準は×2)

  注文商品:バリ出汁醤油らーめん(715円)

  支払総額:1,732

  入店年月日:令和3年7月23日(金)

IMG00850_00002
         ★★★   加水率:中~低   太さ:中太

 加水率低めの中太麺です。ええ、今どき流行り系の食感の麺です。茹で加減もよくモチモチした食感とパツリと噛み切るカタメな茹で上がりがヨカタ。麺の量は標準より少なめに感じました…。

IMG00879_00005
スープ   ★   ベース:醤油  コッテリ感:普

 ブー&コッコのガラ出汁ベース。魚粉が器にへばりつくくらいなので、魚介もシカーリと効いてます。特筆すべきは甘み。故に醤油がキリっとせずだらけてる。卓上に「はちみつ」が置いてあり、スープの味変に推奨してるくらいだから、この甘みははちみつかも。キリっとした醤油感を好まれる方は、間違いなく後悔しますな。個人的には甘辛のバランスが良くないと感じました。

IMG00882_HDR_00007
     ★★

 バラチャーシュー、メンマ、海苔、水菜、味玉です。

  透けるような薄っぺらいバラチャー。材木マンメは3本。コリッとした部分とネチャっとした部分があり、食感はイマイチでした。

IMG00852_00003
お薦め度    

 うん、卒なく仕上がっているって感じがします。

メニューを見ると判りますが、全体的にベースラーメンがどれか判りづらく、トッピーを加えての高額誘導の匂いがプンプン。

  相変わらず、ガラガラな店内にもかかわらず、二人連れでもカウンター席を指示したり(当然、従わないけど…。)、突然突きつけてくるレーザービームの検温しかり、住所氏名電話番号まで書かせたりと、前回(4年前)と同じくバカ女店員が幅を利かせて入れ不快感極まりなかったです。競争相手の少ない田舎の町のラーメン屋だから通用するんだろうが…。もう行かないからいいけど。

 

 麺自体は悪くは無かったです。

IMG00873_00004
 ペラチャー。これも、そんなもんかと思うと、またヨシ。

IMG00880_00006
 アハハ、コリっとした部分とネチャッとした部分が楽しめる不思議なメンマでした。

IMG00886_00008
 普通に美味しい卵。

IMG00898_00009
 何とも表現のしづらいスープです。

 旨いか不味いかと問われたら、不味くもないけど、好きでは無いです。

IMG00901_00010
 チョット評価が辛めかもしれません。

 でも、これって、身から出た錆だと思います。

 ええ、気分悪いと、色んなところに粗がハッキリと見えちゃうんです。多少不味くても、店内の雰囲気が良ければ、それなりにその雰囲気に溶け込んだり、許容範囲が広がったりとね。

 もう、二度と行くことは無いからいいか。