本日のカップはこれ。

DSC_3116_00002
DSC_3187_00015
 「日本うまいもん」シリーズは、地元では誰もが知っているご当地麺にスポットを当て、全国に発信することをコンセプトとした商品。

 今回、青森市のソウルフードとなっているラーメンの味を再現した「青森味噌カレーミルクラーメン」がリニューアルされました。

DSC_3215_00022
 何でも「青森味噌カレー牛乳ラーメン普及会」公認とのことですが、この普及会の実態がクセ者で、情報が全く有りません。

DSC_3198_00021
 カップの蓋には、「普及会」のメンバーとして、「札幌館、味も札幌大西、味の札幌浅利、札幌ラーメン蔵、かわら」と記載されてます(-_-;

DSC_3120_00004
 一応、東北限定で、お土産売り場でも売られてますが、どうやら関東でも入手は可能なようです。

 因みに、今回のカップで3回目の試食となりますが、商品名である「青森味噌カレーミルクラーメン」は、青森市内に展開している「味の札幌 大西」を中心とした系列店舗で出される人気のメニュー「青森味噌カレー牛乳ラーメン」を再現した商品。

 これは、「味の札幌 大西」で実食してます。

20200118_200822_00001
2020. 1.18 味の札幌 大西「味噌カレー牛乳ラーメンバター入り」

◆メーカー説明◆

 「青森市民のソウルフード"青森味噌カレー牛乳ラーメン"をカップ麺で再現した」そうです。  

DSC_3118_00003
DSC_3189_00016
人 気 度:総合順位:(全国)1,831位  (青森県)5位  (青森市)5位

20211125日現在 「味の札幌 大西」のラーメンデータベースの順位

カップの種別:【定番(限定)】【新発売(リニューアル)】

添付物は、スープ(粉末、液体:ともに後入れ)、かやくです。

DSC_3123_00006
 は、「生麺のようななめらかな口当たりと、透明感や弾力のある食感が特長のノンフライ麺」だそうです。 
DSC_3122_00005
 マルちゃん正麺のめんと同じ幅広ストレートな太麺です。感覚的には、正麺の「香味まろ味噌」の麺の流用と思われます。

DSC_3193_00018
 この麺、今までのノンフライ麺の様な「蒸し」ではなく、「茹で」て乾燥させた麺。

驚異的なツルミを兼ね備え、モチモチしたツルみが特徴的な食感は、店で食べる麺にかなり近いですね。高加水麺が味噌にマッチしてます。

DSC_3184_00014
スープは、「赤と白の合わせ味噌と豚骨の旨みをベースに、生姜とガーリックとガーリックを利かせたコクのある味噌スープ。そこにバターの風味と粉乳のミルク感でコクを加え、カレー粉の風味でインパクトを出した」とのことです。

〇 粉末スープ

DSC_3127_00008
DSC_3179_00011
〇 液体スープ

DSC_3125_00007
DSC_3180_00012
 味噌、カレー、ミルクがお互い無理な主張をせず、混然一体となっています。それにしても主義主張の異なるこの3種をよくもまぁうまくブレンドしたなぁと感心です。

DSC_3182_00013
 ベースは味噌の存在感は薄く、カレーが強めに作用、ミルクでマイルドに。そして、喉元を通過した時の余韻としてバターの味。それはそれはマイルドなスープに仕上がってます。万人受けを狙っているスープですね。

DSC_3196_00020
 は、焼豚、メンマ、ねぎです。

DSC_3130_00009
DSC_3132_00010
 チャースはミドルハイクラスでしょうか。大きめです。

 特筆すべきは、マンメの大きさ。カップ麺としては最大クラスの大きさです。食感も、シカーリとコリシャクやってます(^^

DSC_3190_00017
◆商品データ◆

 発    元:東洋水産㈱

 シリーズ名:日本うまいもん

 商 品 名:青森味噌カレーミルクラーメン

 販売地域:東北

 発売年月日:平成251111日(月)

 リニューアル年月日:令和3年1122日(月)

 購入年月日:令和3年1124日(水)

 試食年月日:令和3年1125日(木)

 購入場所:NewDays大宮

 定  価:260円(税抜)

 購入価格:281円(税込)

◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2) 

麺   ★★★★★   麺種:ノンフライ  太さ:幅広太  湯戻し時間:5分

スープ  ★★★★    ベース:その他

具   ★★★★

総 合  ★★★★   ※ 販売価格に応じた評価の調整を行うことがあります。

 現物に比し、カップ麺としてはかなり再現度は高いと思います。85%と見ました。まぁ、ネーミングに比べて、スープ自体は非常に大人しい印象ですが、味わいは一種独特dけど、決してクセのあるものでなく、これは、お土産としては受けるでしょう。

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:130g(うち麺量70g)  必要湯量:430ml

 エネルギー:★★     447kcal(うち麺・かやく294kcal、スープ148kcal

 食塩相当量:★★★★  7.2g(うち麺・かやく1.9g、スープ5.3g