本日の逸品は、これ。

何度か、と言っても3回なんだけど、東北の海産物を注文するところがここ。

因みに、この奥村商店、大間の鮪を中心に添えているんだけど、おいらは、まだ、ここへ鮪を注文したことがない。

ええ、鮪大好きですよ。

わざわざ、青森まで鮪食べに行きますし、埼玉で買うのも「生本鮪」しか買わない。

そのくらい鮪好きっす。

でもねぇ、口の中に残る筋が嫌いなんです。

だから、実際に目で見た鮪しか買えないわけです。

買ってから悔いるより、危ない橋は渡らない。まっ、いずれ、冒険してみようとは思っているのですがね(^-^;

今回は、いつもお世話になっているスナックのママへ、大好物の「ワンカップ海胆」を送ったついでに、我が家にも海胆と帆立を注文した次第さ(^^

はい、活帆立が届きましたよ~。

DSC_8454_00001
 中には16個。でもね、おいらの誕生祝いに次女夫婦、三女夫婦がプレゼントを持ってきたので、お礼に5枚づつ計10個渡しちゃったんで、我々の取り分は6個(/ω\)

 でも、海胆があるから、ヨシ!としよう。

◆店舗データ◆

  販 売 者:㈲奥村商店

  同 住所:むつ市奥内字中道12-1

  電話番号:0175(26)2668

◆注文商品◆

  購入商品:生うにビン詰め180g(3,000円)、活ほたて3㎏(3,000円)

  購入年月日:令和3年5月15日(土)

  試食年月日:令和2年4月16日(日)~17日(月)

◆商品説明◆

   無添加!丁寧に手作業で瓶詰めしており、そのまま食べてもよし、ご飯に乗せて生うに丼も。(冷蔵)津軽海峡の生うにビン詰め」だそうです。

DSC_8471_00003
DSC_8474_00004
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

お薦め度  ★★★★

  「牛乳瓶うに」ってのはあるけど、「ワンカップ海胆」(←そんな呼び方はしてませんがワンカップです。)。そりゃあ、美味しいですよ。生海胆には付きものの「明礬(ミョウバン)」を使ってません。だから、純粋に海胆の味が楽しめます。塩水海胆もいいけど、このワンカップ海胆は、海胆独特のマッタリといsた海胆独特の磯臭い甘み…。いいねぇ。そのまま食べても、海胆丼でも、そして、海苔巻き海胆の天ぷらなんてのもね(^^

◆その他の情報◆

内 容 量:180

原材料産地名:日本

原 材 料:ムラサキうに(青森県津軽海峡産)

 

 ワンカップの酒量って180㎖だけど、この海胆も180gとなってます。

 そりゃあねぇ、見栄えが悪いほどギッシリと詰まってます。

DSC_8457_00002
 無添加ですからね。

 そして鮮度抜群よ~。

DSC_8475_00005
 それじゃあ、行っちゃいますよ~。

DSC_8476_00006
 こんな感じで盛っちゃいました。

DSC_8480_00007
 板海苔をちょいと炙って、鋏(はさみ)で刻んで添えました。

DSC_8482_00008
 かなり載せましたんで、いい感じでしょ。

 ひとスプーン海胆満タン(^^

DSC_8484_00009
 16個のうち、次女三女夫婦にあげたので、我らは6個しかない(/ω\)

DSC_8495_00010
 こんなところから始めちゃいました。

DSC_8497_00011
 6個のうち、3個は刺身、3個はバター焼きで。

 あのね、生帆立の貝柱って、食感は、音で表現したら「サクッ」(←大袈裟な表現です。)って感じ、旨みは割と弱いんですが、この帆立はしっかりと旨みが感じられます。

 食感を楽しむのなら「活」、甘みや旨みを楽しむのなら、死後硬直が取れて緩くなったものか冷凍品がオヌヌメです。

DSC_8501_00012
 バター焼き。

 貝ひもも卵巣(オレンジ色)や精巣(白色)も余すとこなく食べます。

DSC_8503_00013
 プリップリなこの食感。

 これをひと口で食べるのが、私酔待童子流!

DSC_8508_00014
 海胆もそのまま食べてみます。

 旨い!この甘みがアタシの舌を虜にする(^^♪ 

DSC_8515_00015
 さて、次はいつ注文しよう。

 特に、海胆は、8月頃までで終わっちゃうんで、さっさと注文せねば(^^