本日の2軒目は、ここ。

 この日(11月7日)は、いい天気さ(^^♪ 1年間待ちに待った音威子府産新蕎麦を食べに行く日。

 こんな日は、脳みそも日本晴れに切り替えて浮かれ出すのが一番さ(^^

 んなわけで、S660に乗って、片道2時間近くかけて赤城山へ新蕎麦食べに行っちゃった。

 文化の日を4日遅らせて、日本蕎麦文化を楽しもうというわけ。

 赤城神社の参拝ってのも目的の一つ「だった」けど、今回の一番の目的は、おいらの美味しい蕎麦ベスト5に入っている標題の店に行って、蕎麦を堪能すること。

 今年は、出遅れてしまい、新蕎麦第一発目。だったらここしかないなと…。

IMG03949_HDR_00011
 いまから6年以上前に、新蕎麦の季節に食べた北海道は音威子府産の蕎麦、風味、喉越し、甘みと三拍子そろって最強だった!この味が忘れられなくて、毎年この時期にここへ来る。

 山の中にポツンと建つこの店。ここです。

IMG03948_HDR_00010
 過去には、一口食べたら、あまりの感動に、運転を放棄して日本酒のつまみとして食べちゃって、更に食事としてお替りした。その時は、ノー蕎麦つゆで2枚、ペロリ。

 今回は、クネクネした山道であり、S660という特殊な車だったため、おいらが運転せざるを得ないので、呑めなかった…(/o)

IMG03947_00009
 蕎麦を食べる時は、蕎麦前酒を飲むという規律を立てている私宵待草子としては、残念なことこの上ないけど、こればかりはしょうがないデス。

 店先には、音威子府産の蕎麦粉が置いてありました(^^

IMG03945_HDR_00008
◆店舗データ◆

  店 舗 名:十割そば処 風の庵(いおり)

  住   所:前橋市富士見町赤城山1-2

  電話番号:027(287)8415

  営業時間:10:0017:00

  定 休 日:不定休

  支払形態:現金

  割 り 箸:有

◆注文商品◆

  注文商品:もりそば(大盛 1,100円)

  支払総額:2,300

  入店年月日:令和2年11月7日(日)

IMG03910_HDR_00001
◆評  価◆×5段階評価  標準は×2)

     ★★★★★    そば粉割合:10

 挽ぐるみ系の北海道は音威子府産十割蕎麦です。ここの蕎麦、ホント風味がいいわ。蕎麦の実の甘みが加わり、喉越し、食感、風味、全てに文句のつけどころのない蕎麦です。ぬめり取りもしっかりしてあり、力強い新蕎麦の匂いとともに我が舌と喉を潤してくれました。

IMG03924_00003
     ★★★★

 アッサリでも濃厚でもない濃度。出汁はしっかりと利いているけど、あのやや苦味を伴う美味し過ぎて麺を殺しかねない汁ではなく、割と主張の強い麺を生かさず殺さずサポートしてくれる汁でした。このくらいがおいら的には美味しい汁だな。

IMG03941_00006
     -

 風味の強いネギと粉山葵(わさび)。う~ん、こんな山ン中なんだから、山葵は本物にして欲しかったな。

IMG03926_HDR_00004
お薦め度  ★★★★

 高級老舗の蕎麦屋のような格式や上品さはありません。かと言って田舎感や寂(さび)れ感を売りにするような店ではありません。大衆的な雰囲気が漂うお店です。群馬の山中で、あの音威子府産の蕎麦粉で打った蕎麦を食べられること自体、奇跡的。やはり音威子府は蕎麦の聖地だわ~。もっと近かったら、かなり足繁く通うのに。

 

 ちょっとプツプツした甘皮まで一緒に挽き込んでいるため、色は新蕎麦っぽい黒緑がかった野趣に富んだ蕎麦。この甘皮が甘みと風味の素だね。

IMG03912_00002
 日本酒を飲みたかったです、ハイ。

 あの~、いつもこんな食べ方はしないのでっていうか、汁に浸けませんので。これはあくまでも撮影用です。

 今回も、汁を浸けずに食べました。口が寂しくなったら、直接、汁をひと口呑みます。

IMG03936_HDR_00005
 食べ終わった後の楽しみはこれ。蕎麦湯。

 薬味のねぎは蕎麦と一緒にすると、風味を壊すので、蕎麦湯を飲む時に入れて汁の薬味として楽しみます。

IMG03944_HDR_00007
 食べ終わったら、ちょいと赤城山の大沼と赤城神社に詣でてみようかと思ったけど、面倒臭くなり、そのまま帰途につきましたわ。