本日の2軒めはここ。

 この日(1月16日)は、相変わらずの出勤抑制が続いてる。

私宵待草子には、全く無縁の世界である。もう人事作業が忙しくてねぇ。

人事(じんじ)=人事(ひとごと)だから、適当でもイイかって思うのだが、やはり正当な評価が必要でしょう。だから、真剣です。人にも頼めないし…。

 人民食堂(社員食堂)は営業してるけど、いつも10種類近くある麺類はやってない。人類は麺類のおいらとしては、とてもいたたまれず、外へ食いに行こうとなって、11時には、一人ここでそばを待つ身であった。

DSC_8306_00002
 しゃらくせぇ武漢コロナウイルスのお陰で、思いっ切り不便。

でも、「集近閉(しゅうきんぺい)」(集まる、近づく、密閉空間)の3密を避けるために早昼出来るのだけはありがたい。

  いつもの時間に行くと、この限定の「角せいろ」は売り切れてるのに、今日は一番乗りなので当然ある(^^

  ここの蕎麦、手打ちではないけど、手切り蕎麦。そして、きちんと蕎麦の味がして、しかもコスパは最高!ええ、毎日でもいいくらい。

◆店舗データ◆

  店 舗 名:みとう庵 関東財務局店

  住   所:さいたま市中央区新都心1-1

  電話番号:048(601)3141

  営業時間:11:0016:0017:0019:30

  定 休 日:土、日、祝日

  支払形態:食券

  割 り 箸:無

◆注文商品◆

  注文商品:ごぼう天・ちくわ天つけ汁角せいろ(580円)

  入店年月日:令和3年6月15日(火)

IMG01657_HDR_00003
◆評  価◆×5段階評価  標準は×2)

     ★★★★    そば粉割合:7割  太さ:平打ち中細  つなぎ:小麦粉

 やや太めの機械打ち手切り麺。注文を受けてから切って茹でる。過去に比し、やや「重いそば」になってる気がした。

コシよりも食感重視の麺のハズが、密度感のある麺へと変わっていた(ような気がする。)。

しっかりと蕎麦の味と、食感、喉越しが感じられます。コスパ、味、質そのすべてにおいて駅そばを遥かにしのぐ出来。

IMG01668_00007
     ★★★★

 濃い目の汁が麺の力強さと具の量にも負けず劣らず奮闘してますよ~。やや濃い口であっさり系。だから、天ぷら系の油が加わっても、蕎麦が引き立っています。この汁いいです。ハイ、食べた後は、そば湯で割って飲めまっせ。

IMG01671_HDR_00009
     ★★★★★

 つけ汁の中には、ちくわ天、ごぼう天、半茹で卵、ししとう、薬味系がゴロゴロと入ってます。決して大ぶりな天ぷらじゃないけど、蕎麦量と相まって具量多しです。天ぷらは単体だと、ちょっと油っぽいけど、つけ汁の中ではいい感じです。

20210120_113618(0)_00001
IMG01667_00006
お薦め度  ★★★★★

 570円(普通盛)でこれが食べられるなら、毎日でもいいかなと思うほどの出来栄え。富士そばなどに見られる「生めん+湯で置き」とは比べ物にならないほど麺が美味しくて蕎麦らしい味わい。駅そばの値段で本格的な蕎麦が食べられる。

 毎日並んででも食べる人の気持ちがわかるわ(^^♪ でもねぇ、量多し!結構きついッス。

 

 見るからに美味しそうな色合いのそば。おいら宵待草子が本物の時にだけ使う「蕎麦」を使ってもいいかなと思ってしまう。

IMG01664_00005
 具の充実度も凄い。

 竹輪天、牛蒡天がタプーリ入ってます。

 ホント、食べ応えグンバツ!

IMG01658_HDR_00004
 こんな感じで、具タプーリな汁の中に、強引にそばを突っ込んで食べることになる…。

IMG01670_00008
 そば汁と天婦羅から滲み出る油の相性のいいこと!

 因みにここの天ぷらは、冷めると、かなりクオリティが落ちます(^-^;

IMG01673_HDR_00010
 そばの量が多いので、腹いっぱい食べたい人にはいいです~。

 でも、数量限定ですから…。

IMG01675_00011
 限定何食か判らない。

この「角(つの)せいろ」に出会えた時は、ちょっと得する気分なのだ。