本日の2食目はこれです。

 今回紹介するラメーン屋は「珍達(ちんたつ)そば」なる、秩父市にある店。

 高速~有料道路と乗り継いで、片道1時間半かけて行ってきましたよ~。 

img_main_00003
 この店の特徴は、ボリューム満点の新鮮ネギに、つるっとしたのど越しの麺とオリジナルのスープを加えて出来上がる珍達そば。 厳選した素材が生み出すまろやかな味わい!

具材、スープ、タレ、麺を鍋の中で合わせる独特の調理法で、煮込みラーメンのようなとろみで最後までアツアツのまま食べられるのです。

地元の人や観光客、ラーメン通にまで愛される至高の一杯だそうです。

 開店と同時に第一ロットが入店した後に到着です。

 シャッターズは、我々の前に2人。

IMG01588_00004
 ここはやはり、名物の「珍達そば」でしょう。

 でも、今回は、「みそ珍達そば」をいっちゃいます。

IMG01597_00005
 ええ、デフォの「珍達そば」は食べているので(^^

◆店舗データ◆

  店 舗 名:珍達そば

  所 在 地:秩父市東町23-4

  電話番号:0494(22)1571

    営業形態:独立

  営業時間:(平日)11:0016:00、(土日祝日)11:0019:00 売り切れ次第終了

  定 休 日:水曜日

  券 売 機:無

  割 り 箸:有

  人 気 度:総合順位:(全国)1,544位  (秩父市)1位

       2020年6月13日現在 ラーメンデータベースの順位

◆注文商品◆  ×5段階評価 標準は×2)

  注文商品:みそ珍達そば(750円)、黒豚餃子(300円)

  支払総額:1,800

  入店年月日:令和3年6月13日(日)

IMG01602_00006
IMG01638_00013
         ★★★★   加水率:低   太さ:細

 「独特の細麺で、つるっとした食感で、小麦の旨みが引き立つ麺。スープの旨味を引き立て、醤油ベースのスープだけでなく、味噌ベースのスープにもぴったりのオールマイティ。ネギや肉などの具材との相性も良く、スープと麺が冷めにくいのも特徴」だそうです。

 低加水の細ストレート麺です。まるで、博多豚骨を彷彿させるような麺。

噛み締めれば、小麦粉を舐めているような小麦感がきっちりと味わえる、ややポソややパツな麺。

特筆すべきは、最強に熱いスープの中でも、かなり湯だれ耐性が高いこと。通常のペースで食べる分には、それほどの劣化はありませんでした、

IMG01613_00011
スープ   ★★★   ベース:味噌  コッテリ感:普

 鶏ガラ野菜ベースに、秩父赤味噌が利いたスープです。

動物感は希薄ですが、やや渋みを伴う独特の風味がある赤味噌に、ねぎから出る旨味、とろみが十分に溶け出し、胡麻油が幅をきかせる独特なスープです。

 特筆すべきは、スープの熱さ。ねぎ、豚肉、麺を一緒に煮込んだスープは凄まじい熱さ。ちなみに私宵待草子は。油断して唇にやけどを負い、水泡を作ってしまいました。

IMG01652_HDR_00017
     ★★★★

 青・白2種のねぎ、豚バラ肉です。

 丼一面をねぎと豚肉が覆っています。このねぎ、土にこだわる土男(つちおとこ)こと埼玉県本庄市在住の「木村徳成」氏が手掛けるねぎ。

四季を通じて旬のブランドねぎを使用することで、ラーメンとしての完成形となるそうです。

もちろん、ねぎ特有の青臭さ、辛さは微塵も無く、ねぎ本来の甘味が思う存分楽しめます。細かくカットされた豚肉は、脂身と赤身のバランスも良く、違和感なくねぎと一体化してます。

IMG01605_00007
お薦め度    ★★★★

 なんとも独創的なラーメンながら、ズドンと私宵待草子の食欲中枢に嵌まり込んでしまいました。メインの具のねぎで好き嫌いが別れるかもしれませんが、ねぎ好きにはたまらない一杯となりますよ~。

 あの~、総合力では「醤油」が上だと感じましたが、ねぎとの相性は、断然、味噌スープのが上に感じました。

 そして、強調しすぎない胡麻油の風味が、なんともねぎとの相性がいいんですわ。あっ、そうそう、麺も只者じゃない美味しさですからねぇ~。

 

 店の説明によると、

珍達そばの特徴の一つであるネギは、深谷ネギに代表される、埼玉県北部で生産された「土男ネギ」のブランドを使用。使用種類は季節や収穫状況に合わせて、「春扇」「関羽」「龍まさり」「龍光2号」「ホワイトスター」「1187」などを使用。

野菜作りにとことんこだわり、味や品質はもちろんのこと、色味や形まで追求されたネギで、ネギクリエイターの「木村徳成」氏が自信をもって送り出す逸品だそうです。

img_03s_00001
img_04s_00002
 スープは灼熱地獄でっせ。

これより熱いラーメンはそうそう見かけないだろうという高熱。なので、ネギやスープはどうしても後回しになっちゃいます。

IMG01607_00008
 この細さにもかかわらず、灼熱のスープに負けない根性を持った麺でした。

 湯ダレ耐性が高いです。

IMG01611_00010
 味変に練ったような唐辛子をいれます。

IMG01614_00012
 厳選鹿児島県産黒豚使用の黒豚餃子。

IMG01639_00014
 珍達名物の黒豚餃子は鹿児島県産の黒豚を使用して作られています。

この味わいの深さは一度食べるとやみつきになること間違いなし!

IMG01642_00015
 スープと具に難儀しましたわ(^-^;

IMG01650_00016
 でも、この渋みを伴う味噌臭いスープ、好きだわ~。

IMG01652_HDR_00017
 こんな感じで、唇に火傷を負いつつも、美味しくいただけました。 

IMG01655_HDR_00018
 ここ、気に入った。

 近いうちに、また参上しよう!