おはようございます。宵待草子です。

 昨日は、休日にもかかわらず、長野へ出張。
 ええ、イベントへ招待されての休日出勤さ。
 帰り、長野で酒を飲んで、高崎で降りて飲んで、家で飲んでと、酒三昧だった(^^♪

 閑話休題。 

 この日(6月12日)は、朝から宵待草子♀が都内へ猿芝居(ライオンキングとかあ~ゆうの。興味がないので聞いてもない。)を見に行くとのことで、アタシャ、のんびりすることにした。

それでも、昼だけはここへ行こうと決めていた。

身近に二郎系ができるのは、嬉しくもあり迷惑でもありってところでしょうか。

210402202307vk3r_l
 これが、店のシンボルマーク。

210402194508yf4z_l
 お店のモットーは、「にんにく入れましょうか?」。

 「本格二郎系らーめん」をご家族、女性の方にも楽しんでもらいたい! そんな思いを実現したらーめん屋だそうで、ラーメンをはじめご飯ものなど、色々なメニューがあります。店内も広いし、小学生以下のお子様対象で子供ラーメン無料とか、良心的な感じ。

 着座と共に、卓上で、ぜ~んぶセルフ注文方式。

 私酔待童子は、コンプリートすることを決めているので、順番に食べているのだ。

今日は、「トンじろつけ麺(小)」を注文。

 野菜並、アブラ&にんにく多めで注文したよ。

IMG01560_00010_00003
◆店舗データ◆

  店 舗 名:麺と飯 トンじろ

  所 在 地:鴻巣市鎌塚1-11―2

  電話番号:048(598)3364

    営業形態:独立

  営業時間:10:0022:00

  定 休 日:店内掲示

  券 売 機:無

  割 り 箸:有

  人 気 度:総合順位:(全国)6,386位 (鴻巣市)8位

       2021年6月14日現在 ラーメンデータベースの順位

◆注文商品◆  ×5段階評価 標準は×2)

  注文商品:トンじろつけ麺(小 900円)

  入店年月日:令和3年6月12日(土)

IMG01563_HDR_00011_00004
         ★★★★   加水率:低   太さ:極太

 我がラーメン史上、最高に近い極太麺。割り箸の太い方よりさらに太く、しかも、硬めに茹でられています。これは灌水入り武蔵野うどん麺とか、「吉田のうどん」ならぬ「吉田のらーめん」との形容がピターシな麺。

 しかも、つけ麺ということで、冷水で〆てあるので、その食感は、温麺の「モチゴワ」に対し「パキゴワ」!

極太麺なので、毎度お馴染み、持ち上げても麺線が綺麗に揃いません。啜ると言うよりも箸で口の中へ押し込んでいく感じで、全粒粉入りのそれは、噛みしめるとストレートに小麦の味わいが口中に広がります。まるで武蔵野うどんだわ~。

IMG01575_00016_00009
タ レ   ★★★   ベース:醤油  コッテリ感:濃

 スープの表面には、油浮きひとつなく、まるで山奥の神秘の湖のごとく穏やかな。

  嵐の前の静けさ?一口啜ってビクーリ( ゚Д゚) アブラの層やん。あの環七ラーメンとソクーリな、油断しているとタレとアブラが分離してしまうタイプ。食べる都度、掻き回さないとアブラで食べる羽目に。

 タレ自体は、醤油感の強いストロングな味わい。ブーが醤油ダレに従って静かにしており、アブラで獣を表現しています。

IMG01576_00017_00010
     ★★★

 チャーシュー、もやし、キャベツ、ニンニク、アブラです。

 ニンニク&アブラ多めにしたので、がっつりした味わいに仕上がってます。野菜は一般的な二郎系に比べキャベツ率は高いです。

  お馴染みの丸太輪切りチャース。トロほろで肉芽形成ほぼ繊維質化したもの。今回は、脂身が多すぎて、その部分を残しちゃいました。アブラを啜るのはいいけど、食べるのは抵抗感があるお年頃なのです。

IMG01572_00014_00007
お薦め度    ★★★

 家族連れが入れる「二郎系」がウリのこの店。

 麺い限らず丼物も充実しているところがウリ。丼物食べている人、見たことないけどね(^-^;

 私宵待草子的には、麺は最高!タレはフツー!具はこんなもんでしょ!…と、じろさん家(ち)で食べるつけ麺の範疇でした。

 

 調味料戦士はなかなか充実してますな。

IMG00986_HDR_00009_00002
 こんな形での提供です。

210412134536-6073d070b3583_00008_00001
 それにしても、何時みても、迫力のある麺です。

  逆に少なくさえ見えちゃいます。

IMG01565_00012_00005
 一方、タレは、水面にアブラを湛(たた)えて、静かに佇んでます。

IMG01569_00013_00006
 前回から、あまり時間を置かずにの再訪。

 ええ、麺が美味しいんですよ。

 どこか饂飩チックで、小麦の旨味凝縮。

 太過ぎるけど美味し過ぎる麺。

 間違いなく灌水を入れたうどん製法の麺でしょう。

 製麺所は、狭山市の「大進食品」なる製麺所製。

IMG01573_00015_00008
  アブラとニンニクがどっさり。

IMG01578_00018_00011
  否が応でも、胸が高鳴ります。

  ヤサイはフツーにしておきましたが、割と少なめでした。

  おとなしかったです。

IMG01580_00019_00012
  タレを混ぜずに食べたら味が薄いのよ。

IMG01581_00020_00013
  アブラとタレが分離していることに気付かなかった(^-^;

 だから、急きょ駆け付けた「トンじろ特製カラミ」を注入。

IMG01584_HDR_00021_00014
 つけダレにしばらく漬けておいたチャースをサルベージ。

 十分、タレの味に馴染んでます。

IMG01585_HDR_00022_00015
  1枚といっても追加すると、1枚200円ですから、超ボリューミーです。

  言い換えれば、食いでがある(^^

IMG01586_00023_00016
 ()サイズでも、かなりきついデス。

 ええ、この後は、もちろん、ランニング~筋トレ~サウナとこなしたよ。

 この店、最近、マイブーム中です。