今回紹介するワインは、群馬県は伊香保にある「おもちゃと人形自動車博物館」へ行った時に売店で買ったワイン。

DSC_8023_00006
 どうやら博物館のオリジナルワインのようで、醸造元は、㈲塚田農園(吾妻郡中之条町大字市城1384)。

 瓶詰めワインを仕入れて、色んな車などのラベルを張り付けて売っているようです。

 とりあえず、赤ワインは「フェアレディ240Z-G」ラベル、白ワインはケンメリ「スカイラインHT2000GT-R」ラベルんのを購入しました。

DSC_8016_00003
DSC_8018_00004
 にしても、透明なワインを、なぜ「白」と呼ぶんでしょうか?

 今度、店で「赤にしますか、白にしますか」と問われた時に、「透明」と言ってみようかな(^^

◆商品データ◆

  商 品 名:伊香保 おもちゃと人形自動車博物館限定「オリジナルワイン(赤)」

  製 造 者:㈲塚田農園

  同所在地:吾妻郡中之条町大字市城1384

  分   類:赤

  購 入 先:伊香保 おもちゃと人形自動車博物館

  標準小売価格:1,200円(税込)

  購入年月日:令和2年5月8日(土)

  試飲年月日:令和2年5月8日(土)

  ボ デ ィ:ライト

  アルコール度数:12

  原 材 料:濃縮還元ぶどう果汁(外国産)、ぶどう(日本産)、酸化防止剤(亜硝酸塩)

  容  量:720ml

◆商品説明◆

 「美しい色合いと豊かな果実香、やわらかい味わいの中の渋味と甘味のバランスの良い国内産ワイン」だそうです。

DSC_8021_00005
DSC_8025_00007
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

お薦め度  

 かなりライトなボディのワインです。アルコール度数はワインの標準ながら、ライトタッチで、甘みがやや強めで飲みやすいワインです。

 ただ注意深く味わうと、まるでヌーボーのような熟成には程遠いワインとジュースの中間的な中途半端な味わいです。どうやら濃縮還元ぶどう果汁を外国から輸入し、そこに国内産ぶどうを混ぜ合わせて作っているようです。

 飲み口が軽いだけに、女性にはお薦めかも。でも、ワインを多少知っている人からしたら…。

 

 赤ワインとのことなので、長野県から買って来た「鹿ジン」なる鹿肉のジンギスカンをやってみましょう。

 因みに、私の実家のある飯田地方では、焼肉が盛んで。人口当たりの焼肉店の数が日本一なんです。

 肉屋で肉を買うと、合わせて焼肉機材を貸してくれる店もあるくらい、人が集まると焼肉なんです。

DSC_8012_00001
 今回は鹿ジンですが、そのほかマトン、ししジン(猪)、鳥ジン(鶏)、豚ジン(豚)なども売られています。

 鹿の肉って、臭みが無く柔らかいので、刺身でも食べるんですよ。

DSC_8015_00002
 240ZGと共にいただきます。

DSC_8029_00009
 鹿肉が美味しそうに焼き上がりました。

DSC_8030_00010
 ベーコン入りのコンソメスープを添えて…。

DSC_8032_00011
 「豆腐工房わたなべ」という美味しい豆腐屋から無料でいただいてきた「おから」で「卯の花」(おからの煮もの)も作っちゃいました。

DSC_8034_00012
 これが鹿の肉。見た目、豚とか牛と変わらないでしょう?

DSC_8035_00013
 野生の匂いも味も無いので、食べ易いです。

DSC_8036_00014
 味付きですが、味変にはやはり「スタミナ源たれ」が合いますよ~。

DSC_8038_00015
 このワインの正体を掴みたくて、塚田農園のHPを見たら、「カジュアルワイン」なる商品を発見。「やや甘口」というヒントからこのワインだと特定しました

w_casal_rb_00016
 1,500ml1,200円で販売されている商品を720ml瓶にボトリングして、オリジナルラベルを貼って1,200円なり。

 まっ、お土産ですから、夢を持ちましょうよ、ネッ(^^